2021年 9月 27日 (月)

「CanCam」最新刊に虫マニア大興奮のナゼ 「人生で初買い」「かみさん同伴で購入」の狙い

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

編集部「考えもつかない使い方をして頂いて...」

   ライトはなぜ、昆虫愛好家の心を捉えたのか。理由としてツイッターに挙げられているのが、圧倒的な光の量、頑丈なつくりだ。そうした特性を生かし、デジタルカメラに取り付けて本格的な撮影に臨む「強者」も現れている。

   今回の件、CanCam編集部はどう考えているのか。J-CASTニュースの取材に応じた担当者は12月28日、

「こうした反応は、ツイッターなどを見て把握していました。まったく予想していなかったので、非常に驚いています。編集部が考えもつかない使い方をして頂いて、嬉しく思っています」

と答えた。

   ライトの「こだわり」を聞くと、

「やっぱり発色ですね。肌をどれだけ綺麗に見せられるか考えて作りました。あと、持つだけでもかわいく見えるように、ハート型のデザインにしています」

と教えてくれた。

   使い方はどうあれ、色々な人に「自分史上最強」のライトとして受け止められたのは間違いなさそうだ。「かわいい昆虫写真が撮りたい」という特集も「アリ」なのかも......

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中