2018年 11月 16日 (金)

草なぎ&香取が「木村ボーカル曲」をかけた! SMAPファンは「仲悪かったら流さない」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2016年いっぱいで解散した「SMAP」。その元メンバーである草なぎ剛さん(42)と、香取慎吾さん(39)が、ラジオ番組でSMAP時代の楽曲を流した。

   その曲は、木村拓哉さん(44)がメインボーカルを務めるもの。週刊誌などでは、木村さんと他のメンバーとの「不仲説」が流れていたが、この選曲を通して、ファンの間では「不仲じゃないじゃん」との声も出ている。

  • 5人で再び歌う日は来るのか?
    5人で再び歌う日は来るのか?

「Bluetooth」から連想して...

   草なぎさんと香取さんは、2017年1月8日の「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bay fm)に出演した。この番組は、12月末までは「SMAP POWER SPLASH」のタイトルで、この日は解散し新タイトルになってから2回目の放送だった。

   番組後半のフリートーク部分で、無線スピーカーの「Bluetooth(ブルートゥース)」機能の話題に。そこから草なぎさんが連想して、SMAPの「"BLUES MASTER" Kill」を選曲すると、香取さんは、「『"BLUES MASTER" Kill』、どんな歌よ?」と紹介して、曲が流された。

   「"BLUES MASTER" Kill」は、1999年発売のアルバム「BIRDMAN~SMAP 013」に収録された楽曲。木村さんがメインボーカルで、ライブでは草なぎさんと香取さんがコーラスすることもあった。各種メディアでは解散報道以来、「木村vs4人」のメンバー対立が頻繁に出ていたこともあるため、ツイッターではSMAPファンから、

「てか、絶対不仲じゃないじゃん」
「本当仲悪かったら流さないと思う」
「えっ?不仲なんですよね??キライな人の曲かけます??おかしいなぁー」

といった反応が出ている。なお、デイリースポーツのウェブ版(8日)によると、「関係者によると、この日の放送は昨年に収録されたという」だそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中