2019年 11月 19日 (火)

PPAPはサウンド的にもスゴかった DJ諸氏をうならせた「秘密」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ピコ太郎さんの「PPAP」が世界的な大ヒットを記録したウラには、本職のミュージシャンも認めるサウンド面の「こだわり」がある――。こうテレビ番組で熱弁したのは、人気DJで音楽プロデューサーの「tofubeats(トーフビーツ)」さんだ。

   トーフビーツさんが着目したのは、PPAPの曲中で繰り返し使われている「ポーン」という音色。実は、この単純な「ポーン」という音には、プロのDJや音楽マニアを唸らせる「ある秘密」があるという。

  • ピコ太郎さんの「こだわり」とは…(16年10月撮影)
    ピコ太郎さんの「こだわり」とは…(16年10月撮影)
  • 「ポーン」の音に注目して聞いてみると…(画像は公式Youtube動画より)
    「ポーン」の音に注目して聞いてみると…(画像は公式Youtube動画より)

ピコ太郎の「只者ではない」音作り

   「ズン、ポーン、ズン、ポーン、ズン、ポーン...」。こんなPPAPの単純ながらも耳に残るサウンドが、いま音楽ファンから大きな注目を集めている。

   そのきっかけとなったのは、2017年1月15日放送の音楽番組「関ジャム   完全燃SHOW」(テレビ朝日系)だ。番組に出演した人気DJのトーフビーツさんが、PPAPの「音作り」について、プロの目線から詳しく解説したのだ。

   番組によれば、PPAPに使われている「ポーン」という音は、ローランドが1980年に発売したリズムマシン「TR-808」に収録されたもの。カウベルという打楽器の音を電子的に再現した特徴的なサウンドで、トーフビーツさんは、

「この音色とカウベルの音量を聞いて、DJ諸氏はピコ太郎が只者ではないと感じたはずです」

とコメントしていた。

   実は、ピコ太郎さんが楽曲に用いたという「TR-808」というリズムマシンは、発売から30年以上が経った今もテクノやヒップホップなどのジャンルでよく使われる「往年の名機」。そのため、DJや音楽マニアはPPAPを聴いただけで、「ピコ太郎さんが本当のテクノファンだとすぐ分かる」という。

   そうした上で、トーフビーツさんは、

「こうした奥行きがあるから、日本だけじゃなく世界でヒットしたんだと思う。実際、ミュージシャンも(PPAPには)全然文句言ってないでしょ」

などと結論付けていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中