2019年 11月 20日 (水)

「トランプ就任式で国歌」のジャッキー16歳 「行列のできる法律~」に出演していた

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   まもなく始まる米国のドナルド・トランプ次期大統領の就任式で、国歌を歌うことが決まっている16歳の歌姫、ジャッキー・エヴァンコさんの人気が、ジワリと上がっている。

   国歌斉唱をめぐっては、当初は英歌手のエルトン・ジョンさん(69)や映画「タイタニック」の主題歌で知られるセリーヌ・ディオンさん(48)らの名前が取り沙汰されたが出演拒否などがあり、誰が歌うのか注目されていた。

  • 16歳、ジャッキー・エヴァンコさんが国歌斉唱の「大役」(写真は、アルバム「SONGS~ 銀幕を彩る名曲たち」発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
    16歳、ジャッキー・エヴァンコさんが国歌斉唱の「大役」(写真は、アルバム「SONGS~ 銀幕を彩る名曲たち」発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

オバマ大統領やローマ教皇の前で歌声を披露したことも

   2017年1月20日(米国時間)、米国の第45代大統領にドナルド・トランプ氏が就任する。その就任式で、国歌を歌うという「大役」を担うのが、ジャッキー・エヴァンコさんだ。

   ジャッキー・エヴァンコさんは、2000年4月生まれの16歳。米ピッツバーグの出身で、映画「オペラ座の怪人」の曲を歌ってYouTubeに投稿しはじめたことが「すべての始まり」。10歳で出演した公開オーディション番組「America's Got Talent」で、プッチーニ作曲のオペラ「ジャンニ・スキッキ」から「私のお父さん」を熱唱して大ブレイク。美しいソプラノの声は、「100年に1人の逸材」「スーパーキッズ」といわれ、その後もクラシカルオーバーと呼ばれるクラシック音楽とポピュラー音楽が融合したジャンルの歌手として活躍している。

   過去、オバマ大統領の前やローマ教皇には「星に願いを」を披露。また2011年にはアメリカンフットボール(NHL)の試合で国歌を歌った経験もあり、歌声は言うに及ばず、16歳とは思えない、なかなかの度胸の持ち主でもあるようだ。

   アルバムセールスもすごい。2010年11月に発売されたデビューのミニ・アルバム「O Holy Night」は、年間ベストセラー1位を記録。売り上げ100万枚を突破して、米国ではプラチナ・ディスクに認定されたほか、11年6月には初のフル・アルバム「Dream With Me」をリリース。全米ビルボード・チャートで第2位、クラシックチャートでは第1位を記録し、ゴールド・ディスクを獲得した。

   2012年10月発売の「SONGS~ 銀幕を彩る名曲たち」(日本盤ボーナストラック)には「荒城の月」を収録。14年7月には「アウェイクニング~めざめ」がビルボード・クラシックチャートで年間3位を獲得。アーティストのチャートでも5位に選ばれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中