献血したら「血液型確定できません」 赤十字から届いた謎の手紙

印刷

   「新年一発目、赤十字から謎の封筒届いてて開けたらこれ」――。あるツイッターユーザーが献血後に日本赤十字社から届いたという「手紙」を公開し、大きな反響を呼んでいる。

   冒頭に「血液型についてのお知らせ」と書かれたこの手紙には、何とも衝撃的な内容が記されていた。

  • 献血後に届いたという手紙(hikarruさん提供)
    献血後に届いたという手紙(hikarruさん提供)

「血液自体には何ら異常がなく...」

「あなたの血液型がめずらしい血液型であると思われることから、通常の検査では血液型を確定することができませんでした」

   献血で提供された血液は、輸血時に重要となる2つの血液型についての検査が行われる。1つは、一般的にもよく知られている「ABO式血液型」。もう1つはRh因子の有無によって分ける「Rh式血液型」だ。ところが、ツイート主であるhikarruさんの血液は、こうした通常検査では血液型が確定できなかったという。

   ツイートは話題を呼び、1万6000回以上リツイートされた。同時に「ハイブリッド種かも?」「キメラ型か何かですかね...」「ボンベイ型ではないでしょうか...」などと、さまざまなコメントが寄せられた。

   手紙には「血液自体には何ら異常がなく、病気との関連性も一切ありません」とあり、ひとまずは安心だが、本人にしてみればどうも釈然としないだろう。

「ん?なんだこの封筒。もしかして病気?それともいつも献血ありがとうって新年の挨拶か? って感じでしたね。中を見たときは『血液型を確定できませんでした』 いやいや、確定してくれや(笑)って感じでよくわかってませんでした」

   ツイートから数日後の2017年1月11日、hikarruさんは手紙が届いた時の感想をJ-CASTニュースの取材にこう語った。

同様の例は「500万本のうち0.006%」

   hikarruさんは血液型についてあまり興味がなく、自分が何型であるか認識していなかったという。献血はこれまでにも2~3回したことがあったが、こうした通知は今までもらったことがなかったそうだ。

「献血後に届く血液の成分検査のハガキには、ABO式の部分は空白で、Rh式の部分はプラスと書いてありましたね。 下の方には『血液型の検査結果につきましては後日送付いたします』とも書いてありましたが、なんせ血液の成分以外は興味なかったので見てませんでした」

   手紙には、希望すれば血液型を確定するための詳細な再検査を受けられるとも書かれていたため、hikarruさんは2月に再検査をしてもらうことにしたそうだ。

   ところで、献血した人のうち「通常の検査で血液型を確定できなかった」という事例は、どの程度あるものなのか。日本赤十字社に聞いてみると、広報担当者は

「平成27年度に全国で検査した血液検体の本数は約500万本あり、そのうち通常の検査で血液型(ABO型)を確定できなかった件数の割合は約0.006%となります」

と説明した。

   手紙にあった「めずらしい血液」とは、具体的には

「通常使用される血液型判定試薬で反応が弱い結果となるA型の亜型、B型の亜型、AB型の亜型などがあります」(広報担当者)

とのこと。中には通常検査では確定できないものがあり、再検査では唾液や高性能分析装置を用いるなど、それぞれに適した検査を選択して行うという。

   なお、輸血の際は「基本的には、患者さんがA型の亜型の場合はA型の血液を輸血します」とのことだが、例外もあるそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中