2018年 11月 19日 (月)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち NYの共和党支持者が抱く孤独と不安

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   トランプ大統領就任式の日(2017年1月20日)、私の友人ベッツィ・ランカスター(65)の職場(マンハッタンにあるアジア関係の非営利団体)では、特別に大きなスクリーンでテレビ中継を見ることができるように配慮されていた。ベッツィはトランプ支持者なのに、その朝、浮かない顔だった。

「就任式は見ないで、仕事をしているわ。99%の人たちが新しい大統領の誕生を祝う気になれないのに、孤独を味わうのは嫌だもの」
  • ニューヨーカーとしては数少ない、トランプ支持者のロブ&ベッツィ・ランカスター
夫妻(自宅で撮影)
    ニューヨーカーとしては数少ない、トランプ支持者のロブ&ベッツィ・ランカスター 夫妻(自宅で撮影)

FOXニュースとCNNを交互に

   99%というのは極端だが、ニューヨーカーは民主党支持者が圧倒的に多く、今回、79%がヒラリーに、4年前は81%がオバマに投票した。

   私はあえて、トランプを支持するベッツィの夫ロブ(66)と一緒に、就任式と一連のテレビ番組を見ることにした。ロブが好む保守派のFOXニュースを中心に見ていたが、時々、リベラル派のCNNにチャンネルを変えた。トランプがフェイク(嘘)ニュースと罵った、あのテレビ局だ。

   連邦議会議事堂前の映像が現れ、「やっと自分たちの声に耳を傾けてもらえると、変化を求めて投票した人たちが、この歴史的瞬間に立ち合うために全米から集まってきます」とFOXニュースのキャスターの声が流れる。

   大統領選の山場と言われるスーパー・チューズデーの日(2016年3月1日)も、ロブとベッツィと一緒にテレビを見たが、品がなく挑発的な言動を繰り返すトランプに呆れ返っていた。「メキシコとの国境に壁を作り、費用はメキシコに持たせる」という発言にも、反発を感じた。彼らの息子はメキシコ移民の女性と結婚したばかりで、国境からわずか5、6キロの距離に住んでいる。

   ヒラリーを毛嫌いしているロブは、共和党候補に選ばれたトランプを支持せざるを得なかったが、トランプの発言を聞いているうちに、「きれいごとを言うだけで実行しない政治家と違い、彼にはリーダーシップがあり、現状を変える力があるかもしれないと、希望を抱くようになった」と言う。

   就任式前に、礼拝のために教会に入る様子が画面に映り、「トランプ次期大統領のために子供を聖歌隊で歌わせたくない、という親もいましたが、伝統だから、と教会側が説得しました」といった説明も流れる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中