グーグル検索「低品質なサイト」順位下げる まとめサイト標的の見方

印刷

   「低品質なサイトへの対策を意図しています」――。米グーグルの日本法人は2017年2月3日、日本語検索の評価方法を「改善」したことを公式ブログで発表した。オリジナルで有用なコンテンツを持つサイトは「上位」に、検索結果の上位にページを表示させることに主眼に置くサイトは「下位」に表示されるようにしたという。

   グーグルの発表についてネット上では、16年に問題となったDeNA(東京都渋谷区)の医療情報サイト「WELQ」の炎上問題をきっかけにした「まとめサイト」の情報の不正確さや、著作権侵害などへの対策の一環だとする見方が強い。

  • 「まとめサイト」は今後どうなるか
    「まとめサイト」は今後どうなるか

「高品質なサイトが、より上位に表示」

   グーグルは3日のブログで、「検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています」としたうえで、

「その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります」

と説明。さらに

「今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています」

としている。

   ネット上では、「検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイト」について、WELQ問題に端を発し、不正確な情報を含めて検索エンジン対策(SEO)で閲覧数を高めていると問題になった「まとめサイト」を主な標的にしているとの見方が広まっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中