エビ中・松野さんは「致死性不整脈」 死因発表に「ホント悔やみきれない」

印刷

   人気アイドルグループ「私立恵比寿中」メンバーの松野莉奈(まつの・りな)さんが18歳で急逝した死因について、所属事務所は2017年2月10日、医師の診断結果として、「致死性不整脈の疑い」と発表した。

   松野さんは7日、体調不良のために当日のコンサートへの出演を急きょ取りやめ、自宅で静養していたが、容体が急変し、8日未明に死去した。死因については当初、「病死とみられる」とされ、詳細は発表されなかったこともあり、様々な憶測を呼んでいた。

  • 2014年撮影
    2014年撮影

急死後、乱れ飛んだ憶測

   松野さんは、2月6日にもインスタグラムを更新し、数日前に家族と行った旅行の様子を写真付きで報告していた。7日にはコンサート会場の大阪に向かう途中で体調不良を訴え、同日夕に公式ツイッターで出演取り止めが発表された。

   8日にその急死が報じられると、エビ中の公式サイトにアクセスが殺到し、同日正午過ぎからしばらく、つながらない状態が続いた。死因の詳細が公表されなかった事もあり、様々な情報がネットなどを駆け巡った。翌9日朝の情報番組「スッキリ!」(日本テレビ系)では、救命救急医の話として、(1)持病、(2)頭部血管の先天的な異常、(3)風邪のウイルスが心臓に感染し、炎症を起こす心筋炎、の3つの可能性を指摘していた。

   今回、その疑いがあると発表された「致死性不整脈」は、国立循環器病研究センター(大阪府)のサイトを見ると、「致死性不整脈(心室細動・心停止)」との表現が出てくる。心室細動の項目をみると、「心室が1分間に300回以上不規則に震えるように痙攣(けいれん)する状態のことで、これが起こるとたちまち死につながる不整脈です」と説明している。ネット上ではこの他にも、「致死性不整脈」について、同研究センターの表記とは若干異なる解説をする内容のページも見つかる。

   関連は不明だが、松野さんは1月22日の公式ブログでも体調不良に触れていた。その週に放送されるBSフジの冠番組「エビ中++」の収録(16年12月)について、「体調不良でお休みでした」と報告。「年が明ける前に回復しました!!」「今は松野はとっても元気でございます」とも書いていた。

   今回、死因が発表されると、「致死性不整脈」はツイッターのトレンド入りした。ツイッターでは、

「怖っ」
「10代ではないけど、うちの職場にもいたな...」

といった声が寄せられていた。ファンからは

「そんな事ってありなの...そんなのホント悔やみきれない」

と、やりきれない思いも吐露されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中