アル・ジャロウ氏死去76歳 グラミー授賞式の訃報は「運命か」

印刷

   米ジャズミュージシャンのアル・ジャロウ氏が2017年2月12日、ロサンゼルスの病院で亡くなった。享年76歳。同氏の公式サイトが伝えた。

   グラミー賞で史上初めて、ジャズとポップス、R&Bの3部門を獲得したスター。息を引き取った12日は、第59回グラミー賞の授賞式当日だった。ツイッターではこの偶然に、「運命的な気がします」「次の世代にバトンタッチしてくれたんだと勝手に思う」という声が上がった。

  • アル・ジャロウ氏の13thアルバム「Heaven and Earth」(1992)
    アル・ジャロウ氏の13thアルバム「Heaven and Earth」(1992)

チック・コリアのカバー「Spain」で知られる

   生まれは、米ウィスコンシン州ミルウォーキー。卓越したボーカル技術と声を楽器のように操るスキャット技術で1982年、音楽の最高峰であるグラミー賞の最優秀男性ポップ・ボーカル賞(「Breakin' Away」)と最優秀ジャズ・ボーカル賞(「(Round, Round, Round)Blue Rondo A La Turk」)を獲得した。1993年には「Heaven and Earth」で最優秀R&Bボーカル賞を受賞している。

   過去20枚のアルバムを世に送り出した。「We're in This Love Together」「Mornin」など代表曲は多数。ジャズミュージシャンたちとの演奏では、チック・コリアのカバー「Spain」などで知られる。

   ジャロウ氏の公式フェイスブックは、「あなたは美しく優雅な方法で使命を果たした」などと追悼した。日本のミュージシャンからも、哀悼の意を表するコメントが届いている。

   シンガーソングライターの矢野顕子さんはツイッターで、

「ジャズのシンガー、アル ジャロウさんが亡くなりました。ミュージシャンの間でも評価の高い人でした」

   ゴスペラーズの酒井雄二さんも

「上京当時聴いていた アルジャロウのheaven and earth を追悼聴き」

としのぶ。

   また、グラミー賞の授賞式当日に流れた訃報とあって、ツイッターでは

「何度もグラミー賞を取ったアル・ジャロウさんが、グラミー賞の式典の日に、亡くなったというのも、運命的な気がします」
「そんな世界のアルジャロウがなくなったのが、グラミー賞の式典の日。次の世代にバトンタッチしてくれたんだと勝手に思う」

という声も寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中