2019年 5月 22日 (水)

娘の写真、デマに悪用された父親の執念 投稿者突き止め、慰謝料支払わせる

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   新潟市内の社会福祉士の父親(38)が、当時0歳だった娘の写真を使ってネット上でデマを流していた関東地方在住の男性を突き止め、慰謝料などを支払わせていたことが話題になっている。

「相手の男性に手紙を出したら、男性の弁護士から『確かにやりました』と電話や文書で連絡が来ました」
  • 娘は将来どう思うのだろうか(写真は記事とは関係ありません)
    娘は将来どう思うのだろうか(写真は記事とは関係ありません)

「デモに連れて行かれ、熱中症で還らぬ人に...」

   父親の代理人を務める斎藤裕弁護士は2017年2月24日、J-CASTニュースの取材にこう明かした。

   悪用された娘の写真は、父親が14年8月2日に集団的自衛権の閣議決定に反対する東京都内のデモに参加したとき、母親に抱かれている娘を電車内で撮ってツイッターに投稿したものだ。

   それが15年7月26日になって、何者かにツイッター上で無断転用された。そこでは、「【拡散希望】安保反対国会前デモに連れていかれた、我が孫、聖羅が熱中症で還らぬ人になってしまいました」などとウソの内容が書かれていた。泣き顔の写真だったことを利用し、「聖羅は何度も何度も帰りたい、と母に泣いてたそうです」と訴えていた。

   翌27日に父親がこの投稿に気づき、ツイッター上で元気な様子の娘の写真をアップし、デマであることに注意を呼びかけた。

   ネット上では、投稿者に対して非難の声が上がったが、同時に、デモに子供を連れて行くのが悪いなどとの指摘も相次いだ。

   これに対し、父親は、娘に水分補給したり、疲れたらデモから離脱して休憩したりしているとツイッター上で理解を求めた。その一方で、熱中症対策をしたうえで、子連れデモはどんどんやるべきだと反論した。

   父親は、当初は投稿者に法的手段を取る考えはないとしていた。しかし、悪質なことには対応するべきだと考えを改め、肖像権の侵害だとして、米ツイッター社の開示を受けて、ネット接続業者のプロバイダーに対し、デマ写真の投稿者の情報開示を求めて新潟地裁に提訴した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中