2018年 10月 15日 (月)

ニンテンドースイッチのソフト苦い騒動 任天堂に「真相」を聞いてみたら...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   任天堂の新家庭用ゲーム機、「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の専用ゲームカートリッジを舐めると苦い味がする――。そんな報告が海外ゲームメディアをはじめ、国内でもツイッターなどを中心に多数確認されていた。

   J-CASTヘルスケアでは、ニンテンドースイッチ発売日の2017年3月3日、この苦み成分が「デナトニウムベンゾエイト(安息香酸デナトニウム)」であるとの海外報道を基に、記事を掲載した。その後、任天堂はこの件に「反応」を見せた。

  • ゲームは舐めるものではありません(画像はニンテンドースイッチ製品紹介ページ)
    ゲームは舐めるものではありません(画像はニンテンドースイッチ製品紹介ページ)

「健康に害はありませんか?」

   任天堂は、同社公式ウェブサイトの「サポート」項目にある「Nintendo Switch サポート」の「よくあるご質問」の中に、

「ゲームカードをさわった手をなめたら、苦い変な味がしました。健康に害はありませんか?」

という問いを掲載した。これに対する回答は、

「健康に害はありませんのでご安心ください。Nintendo Switchのゲームカードには、苦み成分(デナトニウムベンゾエイト)が塗られています。」

となっている。掲載時期は確認できなかった。

   塗布している目的や、デナトニウムベンゾエイトを選んだ理由について、J-CASTヘルスケアは任天堂に電話で取材を試みた。担当者は、サポートページの内容以外にコメントはないとのことで、

「ゲームカードは小さいお子さまの手の届かないところに置いていただき、ゲームを楽しんでいただければと思います」

とだけ話した。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...