2018年 11月 20日 (火)

「終活」の認知率90% SBIいきいき少短調査

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   SBIホールディングスのグループ会社、SBIいきいき少額短期保険(SBIいきいき少短)が、同社の保険加入者を対象に、いわゆる「終活」についてアンケート調査を実施したところ、「終活」という言葉を知っている割合は約90%で、「終活」について「家族と話したことがある」と「家族と話したいと思っている」を合わせた割合は約80%に達し、「人生の最期」に向けた意識が高まっていることが示された。

   同社は調査結果を2017年3月3日に発表した。

「整理・片付け」「お金の準備」「いまを楽しむ」

   調査は、同社の保険契約者4万5083人を対象に、会報誌に同封して調査用紙を送付して実施。16年12月9日から17年1月17日までに返送された回答分を調査の対象とした。回答者のうち約70%が60~70歳代で、男性26%、女性69%、性別無回答が6%。

   「『終活』について家族と話したことはあるか」の問いに対して「ある」と答えた人は約37%、「まだないが話したいと思っている」が約42%だった。まだ家族と話せていないと答えた人のなかからは「子どもたちが早過ぎる話だと思い中々聞き入れてくれず全て、文書にて準備をした」などのコメントが寄せられて」おり、SBIいきいき少短では、家族にとっては「終活」はネガティブな印象があるとみている。

   「すでに行っている『終活』」について尋ねたところ(複数回答)、最も多かったのは「お金の準備(保険など)」(730人)で、次いで「旅行や趣味などいまの人生を楽しむ」(595人)「お墓の準備」(497人)「物の整理・片付け」(465人)などが続いた。

   「これから行いたいこと」(複数回答)では、「物の整理・片付け」(517人)、「エンディングノートの作成」(361人)「遺言書の作成、相続の準備」(338人)などが上位を占めた。

    「すでに行っていること」「こらから行いたいこと」を合わせると「物の整理・片付け」(982人)「お金の準備(保険など)」(913人)「いまの人生を楽しむこと」(806人)が、4位以下に"大差"をつけた上位3項目の「終活」で、SBIいきいき少短は、回答者が「終活」をどのように考え、どのように行動しているかをあらわしたものと考えらえるとしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中