2018年 11月 16日 (金)

家でブラジャーしますか 意外に多い「ノーブラ」のメリット

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   女性同士で気になりながらも意外に聞けない話題がある。「家ではブラジャー、つけている?」もその1つだ。

   最近、「ノーブラ」を謳歌していた独身女性が結婚が決まり、「彼と一緒になったら、家ではブラジャーを着けた方がいいの?」という質問が、インターネット上で話題になった。

  • ブラを着けるべきか…胸を悩ませる(画像は本文と関係ありません)
    ブラを着けるべきか…胸を悩ませる(画像は本文と関係ありません)

エプロンを着けていれば宅急便も困らない

   話題になったのは、女性向けサイト「発言小町」(2016年10月6日)に載った「家でブラジャーしますか?」という次のような問いかけだ(要約抜粋)。

「この度結婚が決まりました。これから彼と一緒に暮らすことになり、悩んでいることあります。一人暮らしが長かったので、家ではブラジャーなんてつけたことがありません。帰宅するとすぐに外してスッキリします。皆様、自宅でくつろぐ時間、ブラジャーはどうされていますか?」

   これに対し、「ノーブラ派」「着けています派」から様々な声が寄せられたが、「ノーブラ派」が意外に多いことに驚く。紹介すると――(以下要約抜粋)。

「結婚当時からブラジャーは家ではしていません。タンクトップ1枚です。カップが取り外せるタイプで、家族が全員不在の時はカップを取ってしまいます。インターホンがなると、カーディガンをはおって出ます。寒い時期だと、ユニクロのブラトップを着て、上にトレーナーを着ます。結婚は、初めが大切。家にいる時は『くつろぎモード』でブラはしないんだよ、としておいた方が良いと思いますよ」
「私も帰宅と同時に速攻でブラは外し、やれやれと寛ぎます。実の両親、高校生の息子と暮らしています。ただ、夏など透けそうな時や息子の友達が家に来る時には仕方ないな、とゆる~いブラをつけます。夫は、私の外見にも何の関心もないと思いこんでいたら意外にそうでもないことが後から分かりました。夫の様子を見ながら楽チンモードに移行してはいかが?」
「今アラフォーです。ブラは着けていません。私も結婚当初は夫が起きる前にはメイク、一日中ブラを着けていましたが、1か月も持たずに体調が悪くなりました。リラックスできていなかったのでしょうね」
「私も家では外したい派です。Tシャツとかでうっすらポチっとはしてしまいますが、エプロンを着けているので、困ることはないですね。急に宅配便屋さんが来ても、エプロンを着けてれば問題なしです」

ブラをがっつり着け続けた80歳の母は、今でも美乳で美尻

   こうした、開放感を訴える「ノーブラ派」が多いことにお怒り気味の人がいる。「着けています派」が強調するのは、ノーブラは「胸が垂れる」という心配だ。

「まだお若いようで、体形が崩れることを考えてもいないようですが、ブラはしていた方がいいですよ。若いから垂れないのではなく、ブラをしているから垂れないのです。未開の民族で上半身を裸で過ごしている人たちの写真を見たことはありませんか? 彼女たちは若くても垂れていますよね」
「私は55歳です。14歳でブラをつけ始めてからノーブラで過ごしたことはありません。この年齢ですが、Eカップなのにまったく垂れていません。年と共にハリはなくなりますが、同年代の友人たちから、垂れてなさに『驚き!』と言われています」
「私は、きちんとワイヤーありのものを寝る直前までつけています。お風呂あがりも新しいブラをつけます。カップ付キャミやノンワイヤーブラはしません。形が最悪になりますから。私は胸がチャームポイントだと思っているので、きちんとしています。それと、あとは男性の性格次第。私の相手は『家でブラを外す女は女を捨てている』というような男性ばかりです。そういう男性でなければ、ノーブラでもOKでしょう」
「母がいま80歳になりますが、ガードルとブラをがっつりと着け続けたせいか、多少肉のついたシワのある小デブさんでも美乳で美尻。ブラはD70でちゃんと乳首正面向いています。スゴいですよね~」

働く女性の51%は家では「ノーブラ」だった

   それにしても、家ではノーブラでいる女性は、どのくらいいるのだろうか。働く女性向けのサイト「マイナビウーマン」の2017年3月12日付「女たちのブラ着用事情」をみると、22歳~34歳の働く女性277人にアンケートをした結果、51.3%がノーブラ派だった。その女性たちの声を次のように紹介している。

「くつろぐときは下着をつけない状態が一番楽。解放された感覚になる。そんなときに、宅配便が来たりすると慌てて着替えるので、数分待たせたことが何度かある」(27歳・技術職)
「お風呂に入るまではつけていて、上がってからはつけない。うっかり休日の朝、ノーブラでゴミ捨てに行ってしまったことがあり、気をつけなきゃ」(26歳・事務系専門職)
「締めつけが嫌い。お家デートでもつけてない」(23歳・事務系専門職)
「締めつけが苦しいのでしていません。ブラもショーツもなしで生活したら、風邪を引きました」(30歳・事務系専門職)

   家の中とはいえ、大胆な過ごし方をしている女性が珍しくないようだ。ところで、開放感といえば、「ノーブラ外出」をする女性も増えている。ワコールが2011年4月11日に発表した「からだと下着に関する1万人白書」の中で、「ノーブラで外出することが可能か」を聞いている。すると、4人に1人以上の27.0%の女性が「ノーブラで外出が可能」と回答した。さらに、ノーブラで出かけることができる範囲を聞くと、「自宅から徒歩数分の範囲内」(コンビニなど)が15.2%、「自転車で行ける範囲内」(スーパーや近くの友人宅など)が5.8%、「電車に乗っていける範囲」(通勤など)が0.5%だった。さらに「どこまでも可能」という人が5.5%もいた。

九州・沖縄では6割が「ノーブラ外出」の経験者

   これにはさすがにワコールも驚いたようだ。調査を監修した問壁治子・共立女子大名誉教授の「(ノーブラでの)外出はカップサイズの小さい人以外は揺れて不愉快なはずです。体に合った快適なブラジャーを着けた経験に乏しいからではないか」とするコメントを載せ、下着メーカーらしい分析をした。

   この調査から5年後の2016年7月9日、情報サイト「しらべえ」が「目のやり場に困る! ノーブラ外出女子は5割に迫る勢いに」とする調査結果を発表した。対象者は全国の20代~60代の女性669人。その結果、「ノーブラで外出したことがある」と回答した女性は44.8%もいた。調査対象の数が少ないとはいえ、ワコールの調査の約2倍だ。

   「しらべえ」編集部がノーブラで外出したことがある女性に話を聞くと、こう答えた。

「ノーブラだと胸が垂れるという話もありますが、今はブラジャーをつけると(胸の)組織が発達しないと聞いて、支障がなさそうな時はつけずに外出します」(30代女性)

   逆に胸が垂れないようにつけない人がいるのだ。これは以前、フランスの研究者が行なった、ノーブラの女性の方がバストトップ(乳首)の位置が高くなるという報告がネットで広がった影響があるようだ。

   「しらべえ」では「ノーブラ外出」の人の地域ごとの割合も調べた。北海道が一番低く32.3%だったのに対し、九州・沖縄が一番多く55.1%と数字に開きがあった。ちなみに2番目に多いのは首都圏で47.8%だ。暑い地域だと開放的な気分になって、「ノーブラ」で出歩きたくなるのだろうか。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中