2019年 5月 23日 (木)

高校入学前の「地毛証明書」ってアリ? 「狂ってる」「生徒守るため」反応二分

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   高校入学前に「地毛証明書」の提出を求められた――。ツイッターでのこんな投稿が話題を集めている。髪を染めたり、パーマなどをしたりしておらず、生まれつきの髪の毛であると証明するためのものだというが、投稿者は「狂ってる」と嫌悪感を露わにしている。

   一方、この投稿には「意味不明だわ」と共感する声もあれば、「一般的じゃないのか」と理解を示す声もある。導入している高校に話を聞いた。

  • 「地毛証明書」とは何なのか(写真はイメージ)
    「地毛証明書」とは何なのか(写真はイメージ)

手を加えていない髪の毛と証明する

   「地毛証明書」のツイートは2017年3月21日にあった。投稿者は中学校教師なのだろうか。「高校進学が決まった生徒が『地毛証明書』の提出を求められた、という話をしていた。地毛証明書。私の髪の毛は一般的な人々と異なる外見をしていますが、自分からそうしたわけでありません、ということを学校に証明する書類」と書かれている。続けて「あまりのグロテスクさにめまいがした。こんなものを許容する社会は狂ってる」と不快感を露わにした。地域は不明だが、このツイートに反応したユーザーらの意見は一様ではなかった。

「地毛証明書って一般的じゃないのかな」
「髪の毛がどういう色かの証明書って意味不明だわ」
「さすがに気持ち悪さはある」
「え、地毛証明書って『違反してるでしょ』って勘違いされてしまう子を守るためにあるものでしょう?」

   地毛証明書の実態を探るべく、J-CASTニュースが東京都教育委員会に取材したところ、教育指導部の担当者は「地毛証明に関する定めは都にはありません」とした上で、「高校ごとに独自に定めているところがあるという話は聞いています。身だしなみの指導に力を入れる高校が多くなっているようです」と話していた。

   都内の高校に対して取材を進めていくと、ある高校の副校長が「地毛証明書の定めはあります」としてその内容を明かした。頭髪について定めた校則の運用規定のひとつで、たとえば赤っぽい色をしていたり、パーマがかかっているように見えたりする生徒でも、手を加えていない髪の毛だという地毛証明をすることで、頭髪指導の対象外になる効果があるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中