火力発電事業を統合 東電と中電が基本合意発表

印刷

   東京電力と中部電力は、2019年をめどとした火力発電分野の全面統合に基本合意したことを、17年3月28日発表した。

   今後、火力発電事業はJERAへ移管される。JERAは、15年4月に両社の出資で設立され、15年10月には輸送とトレーディング事業を、16年6月には燃料の調達や海外発電事業を継承するなど、火力発電事業の統合を段階的に推進してきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中