2018年 10月 15日 (月)

「パクられたあああ!」 明和電機社長、「魚コードUSB」中国製?偽物に絶叫

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ぎゃああああ!パクられたあああ!」。アートな電気製品も製造する芸術ユニット「明和電機」の土佐信道社長のツイートが話題になっている。

   明和電機の看板製品の一つが魚の骨をモチーフにした「魚器(なき)」シリーズ。その中の「魚コードUSBケーブル」のそっくりなニセモノがショップで売られていることを知った土佐社長は、自らショップに出向き全て買い取った後、自社のオリジナルパッケージに入れ再販した。その経緯をツイッターで克明に説明したからだ。

  • 「まったくおなじですね」(写真は明和電機公式HPより)
    「まったくおなじですね」(写真は明和電機公式HPより)

「作った本人が言うのもなんですが・・よくできてます」

「明和電機の魚コードパクられとるやんw」

   土佐社長は2017年3月30日、ツイッターで、一般の人からこんな報告を受けると、

「みなさーん、魚コードUSBの本物はこっちですよ~」

と自社の本物の商品の写真をツイッターにアップし、偽物を販売していた面白雑貨ショップ「Flying Tiger」の運営会社「ゼブラ ジャパン」に、抗議の電話をするとともに、自ら渋谷にあるショップに出かけて売り場の写真を撮影しツイッターにアップ。そして、

「ぎゃはは!売ってました!ニセ魚コードUSB。お店の方に訪ねると『新商品になります~』とのこと」

とツイートし、在庫を含めこの店にある「ニセ魚コードUSB」を買い締めたと報告した。

   さらに、アトリエに戻り本物と偽物の比較検証を始め、ツイッターで

「作った本人が言うのもなんですが・・よくできてます」

とし、高詳細の3Dスキャンを行い本物とそっくりな金型を新しく作って製造した可能性があるとした。

   そのうえで、買い占めた偽物を自社のオリジナルパッケージにリメイクし、自筆のサインを入れて自分たちのショップで再販した、と報告した。これに対して、ツイッターでは、

「明和電機やるなぁw 買い占めてリメイクしてオリジナルに戻すってwww」
「あっはっは! その発想はなかった! 明和電機さんナイスすぎる!!!」

と喝采が起きた。

   J-CASTニュースが土佐社長に3月31日に取材したところ、開口一番、

「全く同じですね。パクられました」

と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...