2019年 12月 15日 (日)

民進党と産経新聞が因縁の罵倒合戦 「ガセネタ」に「恫喝」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   森友学園の問題をめぐり、民進党と産経新聞が「場外戦」を展開している。森友学園の籠池泰典理事長の妻、諄子(じゅんこ)氏と安倍昭恵氏の間のメールのやり取りの中に辻元清美衆院議員の名前が登場したことをきっかけに、産経新聞が「辻元氏 3つの『疑惑』」の見出し(東京本社最終版)で記事を掲載。

   これに対して辻元氏は「疑惑」を否定するコメントを発表し、民進党は産経新聞に抗議文を送付。蓮舫氏も報道を「ガセネタ」だと非難した。対する産経新聞は「恫喝と圧力に屈しない」と題した記事を掲載し「応戦」する事態に発展している。

  • 産経新聞と民進党の応酬が続いている
    産経新聞と民進党の応酬が続いている

産経「都合の悪い妻の言葉は封じようとする矛盾に陥っている」

   産経新聞が3月28日に「3つの疑惑」を報じた記事では、メールの記載をもとに、「幼稚園侵入」「作業員派遣」、それ以外にも、辻元氏が民主党政権で国土交通副大臣を務めていた2010年、森友学園が開校を目指していた小学校に隣接する国有地(国交省所管)が豊中市に売却され、、多額の補助金が交付された結果「14億円値引き」が行われた可能性を指摘。この記事では、

「民進党は(編注:諄子氏のメールの内容が)誤った内容だとメディアに情報を広めないよう『忖度』を求めるが、籠池氏の発言に依拠して首相らを追及しながら、都合の悪い妻の言葉は封じようとする矛盾に陥っている」

と民進党を非難していた。

   辻元氏は同日中に「幼稚園侵入」「作業員派遣」について事実関係を否定し、「14億円値引き」の補助金については「麻生政権下で平成21年第一次補正予算で決定されたものを鳩山政権下で引き継いで執行した」と反論するコメントを発表。民進党も29日に柿沢未途役員室長名で

「『確認取材』という報道取材の基本を欠いた記事を掲載した」

などとする抗議文を出した。さらに、蓮舫代表は30日の定例会見で

「どの政権の時代の予算だったかというのは、記者であれば誰でも簡単に裏取りができる。だからこそ、一部のメディアを除いて多くのメディアが報道を控えられたのだと私は承知をしている。にもかかわらず、そうした記事を疑惑と報道した新聞社に対しては、抗議文と法的措置も含めて今、対応を考えている」

と改めて記事を非難した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中