後部座席は運転席より危ない? 死者数が横ばい状態

印刷

   2017年2月23日に警察庁から昨年発生した交通事故の状況などを分析した調査報告「平成28年における交通死亡事故について」が発表された。

   報告では全国の死者数が3904人で67年ぶりに3000人台にまで減少した。乗車中の死者数は運転席、助手席共に大幅な減少傾向にあるとする一方、後部座席の死者数が横ばいだと指摘。これを受けて「後部座席は安全ではない」とする報道も見られたが、実際はどうなのか。

  • 当然運転席が危険だが
    当然運転席が危険だが

座席別致死率では後部座席が最も高い

   同報告によると、2016年の自動車座席別に見た死者数は運転席が1004人、助手席が155人、後部座席が179人となっている。人数は運転席が多いのは当然として過去10年間の死者数の推移を見ると、2006年を100とした場合の死者数指数では運転席が55、助手席が43と半減しているのに対し、後部座席は86と微減にとどまっている。これ以前も最も少なかったのが2015年の74なので、10年間で後部座席の死者数はあまり減少していない。

   後部座席の死者数がなかなか減少していない理由について、警察庁は報告の中で「後部座席等は運転席や助手席と比べて(シートベルト)非着用の割合が高い」と指摘。後部座席等の未着用が57%、運転席41%、助手席27%となっている。道路交通法上は後部座席を含む全席シートベルト着用が義務化されているが、後部座席未着用に違反金はなく、違反点数も高速道路上で未着用が確認された場合のみとなっているためだろう。

   とはいえ、運転席や助手席の死傷者数はもともと分母が大きいはずで指数の比較だけでは安全かどうかは判断できない。J-CASTヘルスケアが警察庁に取材したところ「座席位置別致死率」の数値を入手した。致死率は各座席の死者数を死傷者数で割って算出している。

   これによると運転席は0.32、助手席は0.27、後部座席は0.36となっており、確かに後部座席の致死率が運転席を超えている。この後部座席にはバスの座席やバス内で立っていた人などは含まれておらず、乗用車の後部座席の死者数をもとに算出しているという。ただし、後部座席だけが抜きんでているというわけでもなさそうだ。

シートベルトの有無で比較すると

   ではシートベルトの着用・未着用別で各座席の致死率を比較するとどうか。この点も警察庁に確認したところ、着用時の致死率は運転席が0.18、助手席は0.2、後部座席が0.17で、各席とも着用することでほぼ同等の安全性となることがわかる。しかし、未着用時は運転席が9.58と着用時の約53倍。助手席も3.08とかなりの高値だ。これに対し後部座席は0.64で未着用時の約4倍にとどまる。

   やはり後部座席は安全に思えるが、警察庁は「シートベルトの有無を問わない座席位置ごとの致死率では後部座席が最も高いことも事実」と強調した。

   確かに急ブレーキや衝突などが起きた際に運転席や助手席がシートベルト着用により軽症ですんでも、後部座席が未着用で思わぬ怪我をするという可能性はあるし、何よりもシートベルト着用でどの座席とも致死率が大きく下がっている。リスクを限りなく下げるためにも座席位置に関係なくシートベルトは着用したほうがよさそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中