浅田真央、最後に涙 20年のスケート人生を語る

印刷

   浅田真央(26)がフィギュアスケートの現役引退発表記者会見を開き、スケートにかけてきた約20年間を振り返った。世界中から賞賛されたソチ五輪のフリーが最も印象に残っているとし、代名詞だったトリプルアクセルについても語った。

   「悔いはない」「今は晴れやかな気持ち」と前向きな言葉を繰り返し、いつも通りの笑顔とゆったりした語り口で会見を進めた浅田だったが、最後の最後に言葉を詰まらせた。

  • 笑顔で引退会見に臨んだ浅田真央
    笑顔で引退会見に臨んだ浅田真央
  • 時々水を飲んでいた
    時々水を飲んでいた
  • 最後は立ち上がってあいさつ
    最後は立ち上がってあいさつ

「キス&クライで自分の点数と順位を見て...」

   長らくフィギュアスケート界の先頭に立ってきた浅田は、2017年4月10日にブログで突然引退を発表。改めて自分の言葉で引退を語るため、12日に東京都内で会見を開いた。

   引退を考える大きなきっかけになったのは、2016年12月の全日本選手権だった。常にノーミス、完璧な演技を追求してきた浅田だが、国内大会ながら12位に終わった。浅田は「フリーを終えて、キス&クライで自分の点数と順位を見て、『あ...もう、いいのかもしれない』と思いました」と大きくうなずき、「終わったんだな」と噛みしめるように述べた。17年2月に引退を決断したとも語った。

   浅田は14年のソチ五輪を終えて14-15シーズンを休養した後、15-16シーズンで1年ぶりに競技に復帰。「(18年の)平昌五輪に出るという目標をずっと持ってやってきました。やり遂げなきゃと思っていました。同時に葛藤はずっとありました。平昌五輪に出る目標をやめてしまう自分を許せるのかな、許せないのかな、と」という浅田は、自身が理想とする最高の演技ができずに悩む日々が続いた。それでも、最後の16年全日本選手権ではトリプルアクセルをプログラムに組み込んだ。「自分らしく終えられたかなと思います」と振り返った。

   トリプルアクセルは、「自分にとって強さでもありますが、悩まされるものでもあります。なんでそんなに成功させてくれないの?って」と笑った。「伊藤みどりさんみたいにきれいなジャンプを跳びたくて、初めてトリプルアクセルができた時は本当にうれしかったです」というこのジャンプは、いつしか浅田の代名詞になっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中