2018年 11月 16日 (金)

カトパン「Eカップ」イジリはセクハラか 「公共の電波でセクハラ」非難噴出

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   フリーアナウンサー・加藤綾子さんが、出演番組の男性共演者に「胸の大きさ」を「イジられた」ことが物議を醸している。

   男性出演者が、加藤さんにバストの大きさを尋ねEカップと認めさせる流れに、視聴者は「公共の電波でセクハラ」「公共の電波で流すのもどうか」と掲示板サイトやツイッターで厳しく指摘した。

  • 共演者が寄ってたかって…(2016年9月撮影)
    共演者が寄ってたかって…(2016年9月撮影)

「テレビっていつから公開セクハラの場になったのか」

   問題のシーンは、2017年4月12日放送のバラエティ番組「ホンマでっか!?」で登場した。それは、マーケティング評論家・牛窪恵さんが「胸の大きさとファーストキスの年齢の関係」を解説する場面。

   牛窪さんが、「一番ファーストキス(の時期)が遅いのはAカップの女性」と話した直後、司会の明石家さんまさんが隣の加藤さんに「また胸突き出す~」「胸の話になったらグッと前に出るから...」と声をかけた。

   牛窪さんもこれに乗っかり、「ちなみに、加藤さんはEカップ?」と質問。すると、加藤さんは小さな声で、「はい...」と認めたのだ。

   時間にしてわずか30秒。加藤さんも「(胸を突き)出してないです!」と笑いながら返すほど和気藹々とした雰囲気だったものの、ツイッターなどでは

「公共の電波でセクハラ」
    「公共の電波で(このシーンを)流すのもどうか」
    「テレビっていつから公開セクハラの場になったのか」

と疑問の声が噴出した。

長嶋一茂「『男性のアレ』、固有名詞出して説明して」

   視聴者から「セクハラ」が指摘されるやり取りは、14日放送の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)でも飛び出した。

   なんと、コメンテーターの長嶋一茂さんが、出演者の歌手・島谷ひとみさんに「男性器の名前」を言わせようとしたのだ。

   島谷さんがレポーターとなり、高知県のグルメや観光地を紹介するコーナー。その中で、かつおの心臓「ちちこ」を紹介したときだった。

   「ちちこ」という名前の由来をめぐり、地元民が「男性のアレからきてるのかな?」とVTR内で説明していたことを踏まえ、長嶋さんが島谷さんに「なんか僕、VTRで『男性のアレ』って言ってたけどよく分からなくて。もう一回説明していただけないですか? ちゃんと固有名詞出して」などと差し向けた。

   これに島谷さんは苦笑。スタジオに一瞬気まずい空気が流れたものの、結局「固有名詞」は口にせず、「アレです」とかわした。司会の羽鳥慎一さんも「(言わなくて)大丈夫です」と素早く助け舟を出していた。

   長嶋さんの発言には、ツイッターで

「不快、気持ち悪い。」
    「こういうのをセクハラって言う」

と批判が相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中