2018年 11月 15日 (木)

木嶋被告の死刑確定へ 首都圏連続不審死事件

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   首都圏で2009年に起きた男性3人の連続不審死事件で、殺人罪などに問われた木嶋(現姓・土井)佳苗被告(42)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は2017年4月14日、被告側の上告を棄却した。各メディアが報じた。

   1審・さいたま地裁の裁判員裁判と2審・東京高裁の死刑判決が確定する。

   1、2審判決によると、木嶋被告は09年、東京都と千葉、埼玉両県で、男性3人を睡眠薬などで眠らせ、練炭を燃やして一酸化中毒で殺害した。

   男性3人の殺害に直接的な証拠はなく、弁護側は「男性らが自殺した可能性がある」とし、一貫して無罪を主張していた。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中