木嶋被告の死刑確定へ 首都圏連続不審死事件

印刷

   首都圏で2009年に起きた男性3人の連続不審死事件で、殺人罪などに問われた木嶋(現姓・土井)佳苗被告(42)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は2017年4月14日、被告側の上告を棄却した。各メディアが報じた。

   1審・さいたま地裁の裁判員裁判と2審・東京高裁の死刑判決が確定する。

   1、2審判決によると、木嶋被告は09年、東京都と千葉、埼玉両県で、男性3人を睡眠薬などで眠らせ、練炭を燃やして一酸化中毒で殺害した。

   男性3人の殺害に直接的な証拠はなく、弁護側は「男性らが自殺した可能性がある」とし、一貫して無罪を主張していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中