2018年 10月 15日 (月)

やばい!大迫ボストンマラソン3位 「最近の日本選手とまったく違う」終盤

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   ボストン・マラソンで大迫傑(25=ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が3位に入る快挙を達成した。

   2時間5分30秒以内の記録をもつ選手が9人も参加したなか、タイムは2時間10分台で平凡にみえるが、終盤のスプリットタイムは世界トップレベルに肩を並べる驚異的なものだった。

  • レース後にツイッターで喜びを表した大迫傑
    レース後にツイッターで喜びを表した大迫傑

レース前「1キロ3分4秒ぐらいのペースで淡々と」

   第121回ボストン・マラソンは現地時間2017年4月17日午前に行われた。2時間2分57秒の世界記録保持者、デニス・キメット(ケニア)を筆頭に錚々たるメンバーが揃った。大迫は3000メートルで7分40秒09、5000メートルで13分8秒40の日本記録を持つが、マラソン初挑戦。

   「いちいち対応する力はまだないので、1キロ3分4秒ぐらいのペースで淡々といこうと思った」。18日付の朝日新聞によると、大迫は試合後の会見でそのように述べている。そして、ほぼそのプラン通りにレースを進めた。

   序盤から先頭集団にいた大迫は、中盤までのスプリットタイムを15分25秒(0~5キロ)、15分4秒(5~10キロ)、15分16秒(10~15キロ)、15分32秒(15~20キロ)、15分45秒(20~25キロ)、16分2秒(25~30キロ)と安定した走りで進める(各タイムは1~2秒誤差の可能性あり)。30キロを過ぎて先頭集団は7人に絞られていた。

   ボストン・マラソンのコース前半は下りが続くが、30キロ過ぎからは約5キロにわたり「ハートブレイクヒル(心臓破りの坂)」と呼ばれる緩やかな上りが続く。それでも大迫は崩れるどころか、30~35キロを15分30秒とラップを上げ、最終盤の35~40キロは15分7秒とさらにペースアップした。

   参考までに、17年2月の東京マラソンを2時間3分58秒で優勝した元世界記録保持者ウィルソン・キプサングの35~40キロは15分2秒。コースが異なるので単純な比較は難しいが、これに迫る終盤のスプリント力を発揮したという見方もできる。ツイッター上ではこんな反応が見られた。

「最後の35-40 kmのラップ15:07とか日本国内じゃまずないぞ、、、大迫マジやばくね?」
「大迫選手、ボストンで3位か。 35km以降のラップが15分7秒はすげぇな」
「大迫ボストンマラソン終盤キロ3分ペースすごいな」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...