木村拓哉、「解散」の言葉使わず 「本当に辛そう」「こんな顔するのか」

印刷

   木村拓哉さんが2017年4月18日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)にインタビュー出演し、2016年末のSMAP解散前後で起きた心境の変化を語った。

   ただ、木村さんの口から「解散」の言葉は一度も出ず、その話しぶりからはあえて避けているようにも見受けられた。

  • 木村拓哉
    木村拓哉

「その形状がなくなっただけ」

   木村さんは主演映画「無限の住人」の公開を4月29日に控え、メディアへの露出も増えているが、「報ステ」ではSMAPに絡めての発言が多かった。映画撮影は2016年初頭に終えていたため、インタビュアーの富川悠太アナウンサーが「撮影中は『SMAPの木村拓哉』でした。今年(2017年)は立ち位置が変わりましたが」と切り出すと、木村さんは率直な心境を口にした。

「どこか去年までは、自分が漕いでなくても、自分がちょっと力を抜いても、動いていなくても、推進力があった気がするんですけど、年が明けて2017年からは、推進力は自分次第だと感じるようになりましたね」

   ほぼ毎年出演していた年末のNHK紅白歌合戦も16年は出演せず。木村さんは「大みそかにNHKホールにいないのは、すごく不思議な感覚でした」との発言も出た。

   テレビ画面には「『SMAP』解散」と話題を示すテロップが表示され、「28年間続いていたのがなくなった時の感覚は?」とも問われたが、木村さんはこれらのフレーズを否定するかのように、こんな言葉を返した。

「『なくなった』というよりは、その形状がなくなっただけで、やってきたことは事実です。自分の中に『ない』っていうのはそれこそないので、変に深刻なメンタリティーでいると、いろんなことを望んでくれた人たちにとって失礼だし」

「状態としては今の状態になった」

   SMAP解散が取り沙汰された時、37万人のファンが撤回を求める署名を集めた件にも言及した。

「そういう気持ちを頂いたにもかかわらず、状態としては今の状態になったので、ちゃんとこれから自分が現場でいろいろと表現させていただく中で、そういう人たちに対するお返しをしていかないといけないなという気持ちはありますね、正直。いろんな方々の一部にしていただいていたことには本当に感謝しないといけないと思うし、その感謝をちゃんと体現していかないとな、という状態ですね」

   今後の自分に言い聞かせるようにうなずきながら話し、ここでも「状態としては今の状態」との表現を用いている。こうした「解散」の言葉を発しなかった木村さんに、ツイッター上ではファンが前向きな感想を投稿していた。

「勘違いかも知れないけど、多分彼等自身から『解散』というワードは発していないと思うので、自分も『そういう形』って思っていれば気が楽かな」
「富川アナに『映画の撮影時はまだSMAPの木村さんだったわけですよね?』 って聞かれた時の木村くんの表情が、本当に辛そうだった。こんな顔するのか、木村拓哉が。でも、SMAPのみんな誰もが、『解散』もいう言葉は絶対使わないんだね」(原文ママ)
「私は『SMAPの解散は、仲の良い夫婦が ペーパー離婚して夫婦別姓になったけれど 相変わらず仲が良い状態 でいるのと一緒」と思っていたので、『形状が変わっただけ』という拓哉さんの例え話は、結構私的にビンゴだったりする」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中