マツコは大反対 女子アナ「35歳でカラコン」はアリか

印刷

   テレビ朝日の久保田直子アナウンサー(35)がカラーコンタクトレンズを愛用していることに対し、マツコ・デラックスさん(44)と有吉弘行さん(42)が「もう歳なんだからやめた方がいい」と猛批判した。

   これを受け、「35でカラコンは普通に引く」「化粧と同じじゃねえか」とネット上で議論が勃発している。

  • 35歳でカラコンはアリ?ナシ?(画像はイメージ)
    35歳でカラコンはアリ?ナシ?(画像はイメージ)
  • マツコは大反対
    マツコは大反対

「裸は見せられても、コンタクトを取った姿は見せられない」

   2017年4月19日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、番組進行役の久保田アナがカラコンを使用していることが発覚。黒目が小さいことをコンプレックスに感じ、カラコンを愛用していると説明した。

   テレビ画面越しではあまりはっきりとは分からないが、黒あるいは濃茶のカラコンをつけているようで、黒目がちな目が印象的だ。

「もう歳なんだからやめた方がいいよ」
「ギャルモデルじゃあるまいし」
「それとヒアルロン酸注射の何が違うっていうの?」
「あなたに目のクリクリさは誰も求めてない」
「嘘の目」

というマツコさんと有吉さんの反対に対し、久保田アナは「取ると別人になる」と頑なに拒否した。「裸は見せられても、コンタクトを取った姿は見せられない」ほどの強い決意で、誰にも見せたことがないという。

   久保田アナは周りの女子アナたちもカラコンを使用していると証言したが、マツコさんは、世間は「何ちょっと可愛く見せようと思ってんだよ」という目で見ていると指摘し、「1ミリでも盛りたい」「(容姿の)補正」と女心を訴える久保田アナを「ババアが盛ってどうすんの」と一喝した。

「カラコン依存症」の人も

   カラコンをめぐる3人のやり取りは、ツイッターなどでも大論争に発展した。世代や年齢ごとに意見は様々だが、

「35でカラコンは普通に引く」
「許されるのはギリ20代かなってのが個人の意見」
「30代でカラコン入れるおばさんってなに? なに目的?」

と批判的なコメントがある一方で、

「35歳の女性アナがカラコン入れてるのって、そんな悪いことなの?」
「化粧と同じじゃねえか」
「カラコンなんてツケマとか髪を染めるぐらいの意味しかなくない?」

などと、化粧や染髪と同程度のことだと支持する人も多い。実際、30代でも使用しているというツイートもあった。

   マーケティングリサーチ会社・GfKジャパンが2016年4月に発表した「コンタクトレンズ利用実態調査」の結果によると、16~30歳の女性のうちおよそ12%、約9人に1人がビューティーレンズ(サークルレンズおよびカラコン)を使用しているという。

   ツイッターを覗くと、愛用者のなかには久保田アナ同様、カラコンなしでは人前に出られないという人も多い。

「遊ぶ時カラコンないと無理」
「やっぱつけまとカラコンは重要」
「カラコンなしじゃ生きれなくなりました」

   症状が深刻化すると、「カラコン依存症」に陥ることもあり、心配する声もみられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中