2018年 12月 12日 (水)

トランプ氏「北朝鮮と外交的解決、難しい」 ICBM発射実験の深刻度

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米国のトランプ大統領が北朝鮮情勢についてさらに厳しい見通しを示した。2017年4月27日(米東部時間)にロイター通信が行ったインタビューの中で、北朝鮮を「最大の地球規模の脅威」と表現し、「物事は是非外交的に解決したいが、それは非常に難しいことだ」と述べた。

   一方で中国の習近平主席については「非常に懸命にやろうとしていると信じている」と述べ、中国が北朝鮮に圧力をかけることへの期待感を示している。

  • 大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3」の発射実験の様子。4000マイル(6400キロ)以上飛行したという(米空軍撮影)
    大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3」の発射実験の様子。4000マイル(6400キロ)以上飛行したという(米空軍撮影)

上下両院議員に異例「情勢説明会」開いた直後

   インタビューは、トランプ氏が4月29日に大統領就任から100日を迎えるのを機に行われた。トランプ氏は

「北朝鮮と大規模な紛争に発展する可能性がある」

とも述べた。インタビュー前日の4月26日には、上下両院議員に対して北朝鮮情勢に関する説明会を開いたばかり。トランプ政権がこういった説明会を開くのはきわめて異例で、情勢への危機感を反映しているとの見方も出ている。

   習近平氏については、

「非常に懸命にやろうとしていると信じている。もちろん、彼も混乱や死を目にしたくはないだろう。彼はいい人で、私は彼のことを、かなりよく知っている」

と述べた。北朝鮮が暴発しないための対応を改めて求めた。

   実際に中国は、北朝鮮への圧力を強めている。ティラーソン国務長官は4月27日放送のFOXテレビのインタビューで、中国が北朝鮮に対して核実験を行わないように警告しており、仮に行った場合は

「中国が独自制裁に踏み切ることを、中国は北朝鮮に対して通告した」

ことを中国側が米国に連絡してきたことを明らかにした。

ミニットマン、6400キロ以上飛行して目標に落下

   米国側も備えを進めている。米空軍は4月26日、ミサイルやロケットの発射拠点として知られるヴァンデンバーグ空軍基地(カリフォルニア州)で大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3」の発射実験を行ったと発表した。ミニットマン3は戦略核の運搬手段として知られるが、今回の実験は爆弾を搭載しない状態で行われた。米メディアによると、4000マイル(6400キロ)以上飛行し、太平洋のマーシャル諸島クェゼリン環礁の目標に落下したという。発表では、北朝鮮を名指しこそしていないものの、

「今回の実験で米国の核抑止力を示した」
「戦闘に対応可能な核システムの有効性と即応性を検証する上で、今回のような発射実験は不可欠だ。そういった意味で、今回の実験が成功したことは非常に重要」

と実験の意義を強調し、北朝鮮を強くけん制した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中