2020年 7月 3日 (金)

Jリーグトラブル今度は徳島 ボールボーイに乱暴したワケ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

謹慎処分の馬渡は練習にも参加させていない

   馬渡にはJリーグ規律委員会の処分が確定するまでの間は「謹慎処分」を通告し、確定後にクラブとしての最終的な処分を決定する。スタンドからの行為はサポーターの特定を早急に進めるという。

   J-CASTニュースが5月1日に徳島広報担当者に取材したところ、馬渡は「クラブの練習にも参加させていません」という。サポーターについては「人物を特定できていませんが、レッドカードを受けたことに対する『八つ当たり』と取られても仕方のない行為だと思っています。特定できれば、入場禁止等の厳正な処分を科すことになると思います」と話している。

   馬渡退場のシーンで、ボールボーイには徳島主将のMF岩尾憲(29)が声をかける場面もあったが、広報担当者によると岩尾は「あの場で申し訳ない気持ちを伝えるには、声をかけ、握手をするのが、あの時できる最善の行動だった」と話していたという。

   馬渡に対しては厳しい声が飛ぶ。インターネット掲示板2ちゃんねる上では試合中から「子供を恫喝 最悪」「ボールボーイ呆然 これはかわいそう」「あそこでキレる要素あんの?」などと書き込まれた。ただ一部には「キーパーがゴール前にいないうちにリスタートしたいわな」と心情を察する声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中