仏マクロン新大統領に各国首脳が祝福 安倍首相、トランプ大統領も

印刷

   2017年5月7日(現地時間)に行われたフランス大統領選の決選投票は、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相が、極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン氏を破った。これを受けて各国の首脳からマクロン次期大統領を祝福する声が相次いだ。

   EU(欧州連合)の盟主でもあるドイツのアンゲラ・メルケル首相は、電話でマクロン氏に祝意を伝え、報道官の声明で「力強いヨーロッパの統合とフランス・ドイツの友情の勝利だ」と発表。英国のテリーザ・メイ首相も電話で祝福したという。

   ドナルド・トランプ米大統領は「仏大統領選での大勝利おめでとう。一緒に働くことを楽しみにしている」などとツイッターに書き込んだ。安倍晋三首相も8日、「マクロン次期大統領の勝利は内向き志向や保護主義的な動きに対する象徴的な勝利であり、EUへの信任」などと祝辞を送った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中