安倍首相「読売新聞熟読を」発言 「黙殺」した新聞と「見出し」にした社

印刷

   安倍晋三首相が、2020年までに憲法を改正して施行したいとする自らの発言について、国会での具体的な答弁を拒んだ。国会では「首相」として答弁しているのに対して、改憲をめぐる意見は「自民党総裁としての発言」だというのが理由だ。そこで安倍首相が口から飛び出したのが、発言が掲載されている読売新聞を「熟読していただいてもいいのでは」という言葉だ。

   こういった特定の媒体の熟読を勧めるような答弁は異例で、大半の大手新聞は発言を取り上げたが、「黙殺状態」の社もあった。

  • ほぼ同時期に行われた夕刊フジ(左)と読売新聞(右)の首相インタビュー。その内容は大きく異なっている
    ほぼ同時期に行われた夕刊フジ(左)と読売新聞(右)の首相インタビュー。その内容は大きく異なっている

「新聞読めって言うのかい!」「そんなバカなことないでしょ!」

   安倍氏は憲法記念日にあたる2017年5月3日の読売新聞朝刊1面のインタビューや、同日に開かれた改憲派の集会に寄せたビデオメッセージで、2020年までに憲法を改正し施行を目指す意向を表明した。

   この発言は5月8日の衆院予算委員会で取り上げられた。発言の真意を問う長妻昭衆院議員(民進)に対して、安倍氏は

「国会における政党間の議論を活性化するためのもの」
「大いに国会両院の憲法審査会において各党間で是非議論していきたい」

などと答弁。改憲の具体的内容についての答弁がないことに

「なんで国会でおっしゃらないのか」

といらだつ長妻氏に対して、安倍氏は

「自民党総裁としての考え方は、相当詳しく読売新聞に書いてありますから、是非それを熟読していただいてもいいのでは」

と答弁した。すると議場は、

「新聞読めって言うのかい!」
「そんなバカなことないでしょ!」

などと紛糾し、浜田靖一委員長(自民)は

「一部新聞社の件等々あったが、それはちょっとこの場では不適切なので、今後は気をつけていただきたい」

と、その場を収めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中