2018年 11月 16日 (金)

「私 日本人でよかった」ポスターの女性は日本人? 神社本庁把握せず

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「私 日本人でよかった」と書かれたポスターが「京都のあっちこっちにあった」――。ツイッターで2017年4月末、こんな書き込みが投稿され、「京都限定なんかな?」という声がネット上に相次いでいたが、「『私 日本人でよかった』のモデルの人は、日本人ではなかった」というツイートが5月9日に拡散し、事態は進展した。

   J-CASTニュースが、ポスターを制作した宗教団体「神社本庁」に取材すると、担当者は「モデル」の国籍について把握していないと回答した。

  • ポスターが写真中央に写っている。ツイッターでBazil(@bazilbuildgamo)さんより提供。
    ポスターが写真中央に写っている。ツイッターでBazil(@bazilbuildgamo)さんより提供。

神社本庁が制作

   「神社本庁」は1946年に設立され、伊勢神宮を「本宗」と仰いで全国約8万社の神社を包括している。

   今回の「私 日本人でよかった」のポスターはどうしてできたのか。神社本庁の広報担当者は2017年5月9日、J-CASTニュースの取材に対し、2011年から「祝日の意義を啓発し、国旗掲揚を推進する」ため制作したと明かした。全国各地の神社からポスターの配布を依頼されればその都度応じており、話題になった京都でのポスターも同じとみられる。

   冒頭の写真はツイッターで、5月2日にアップされた。ところが、投稿者は9日、ツイッターに「なんと、『私 日本人でよかった』のモデルの人は、日本人ではなかった」と書き加えている。オンラインで画像や動画などを提供するサービス「ゲッティ・イメージ」(本社:アメリカ・ワシントン)で、女性と瓜二つの写真が見つかり、その「キーワード」欄に「中国人」「東アジア」「東洋民族」などとあったのだ。写真は中国・北京で制作され、撮影者は「Lane Oatey」さんだった。

   Lane Oateyさんが何者か、はっきりとは分からない。ただ、記者がグーグルで「Lane Oatey」と検索すると、「Director & Photographer of Best-Selling Lifestyle Stock Photography Brand in China」と自己紹介する同性同名のツイッターアカウントが発見された。

   J-CASTニュースが女性の国籍について、神社本庁に話を聞くと、担当者は把握していないと答えた。デザインは、制作会社に一任していたといい、当時ポスターに携わっていた担当者がもう所属しておらず、記録等も残っていないため、詳しいことは分からないという。

   神社本庁はなぜ「私 日本人でよかった」という文言にしたのか。記者が問い直すと、担当者は

「ポスターのデザインは、『祝日の意義を啓発し、国旗掲揚を推進する』ための、あくまでイメージです」

と強調するのみだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中