星野源ライブ予約で通信料1万円 ローチケのアプリ多額請求で会社が謝罪

印刷

   星野源さん(36)のライブに行こうと、ローソンチケットのアプリを使おうとしたら多額の通信料を請求された――。ツイッター上などでは、こんな苦情の訴えが相次ぐ騒ぎになり、ローソン側がホームページ上で謝罪する事態になった。

   「ローチケの認証なんで国際SMSなんや。。。」「何度やっても全く認証されない」「やべぇ、15回くらい押したわ、請求こわ」。2017年5月11日ごろから、ローチケのアプリを巡って、こんなツイートが度々流れるようになっている。

  • 認証には、国際SMS送信を求めるこんな画面が
    認証には、国際SMS送信を求めるこんな画面が

認証のため、国際SMS送信が必要に

   ツイートによると、サービスを利用するためスマホなどでアプリの電話番号認証をしようとすると、国際SMS(ショートメッセージサービス)送信をしなければならなくなる。そして、なぜか何度やってもなかなか認証されないトラブルが起きている。

   何度も認証を試みたため、通信料で数千円を請求されたという報告もいくつか上がっている。中には、星野源さんライブのチケットを予約しようと送信を繰り返して、請求が1万円にも達したという悲痛な訴えもあった。

   J-CASTニュース編集部で19日、ローチケのアプリ利用を試みることにした。

   「利用開始」ボタンを押すと、スマホに電話番号認証の画面が現れる。すると、「SMS送信」ボタンを押すように求められ、赤字で次のような注意書きが出た。

「国際SMSを利用します。送信にかかる費用はお客様負担となります」

   送信ボタンを押すと、「新規メッセージ」の表示になる。あて先は、アメリカの国番号となる「+1」で始まる電話番号だった。メッセージには、「ulsUV...」などと20文字が書かれていた。ここでそのまま送信すると、認証画面に戻り、「SMS送信」の下にある「認証する」ボタンを押す仕組みになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中