2019年 9月 21日 (土)

村田諒太「不可解敗北」にWBA会長が激怒 仏メディアもエンダム勝利は「まったく予想されず」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

母国・仏メディア「エンダム、予想外の世界チャンピオンに」

   試合はエンダムの母国・フランスのテレビ局「Canal+ Sport」でも放送されたが、ここでも採点は118-108で村田勝利だった。村田に9点がついたのは2つのラウンドのみで、うち1つは村田が様子見であえてほとんど打ちに行かなかった1Rだった。このテレビ放送の動画がユーチューブにアップされると、試合内容と結果を見たユーザーが世界中からコメントを寄せた。

「私はフランス人で、エンダムを応援していたが、この結果は強奪だ...明らかに村田が勝っていた」
「間違った判定」
「村田は完全に強奪された。エンダムは怖がっていたから、逃げ回りながらジャブを打っていたに過ぎない」
「何だこの結果は? エンダムは5R以降何度もロープにもたれかかっていた」

   仏ラジオ局「Europe 1 Sport」のニュースサイトも20日、「エンダム、予想外の世界チャンピオンに」という見出しで報じた。「エンダムの勝利はまったく予想されていなかった。4Rには村田によってマットに沈められた。村田はより正確なパンチを打っており、積極的だった。エンダムはあと2回ダウンしそうな場面があった」と試合内容を評価した。

   国内でもさまざまな声があがっている。21日朝の情報番組「サンデーモーニング」(TBS系)では、野球解説者の張本勲氏が村田の判定負けに言及した。

「村田のセコンドの勘違いだと思った。セコンドは『勝った、これはもらったから無理するな』というようなことを言ったらしい。後半から全然攻めず、防戦一方だった」

   また、デイリースポーツによると、元WBC世界バンダム級王者の長谷川穂積氏は

「勝負に勝ち、試合にも勝ったと思う。ただ、WBAの『 特別採点ルール』に負けた」
「極端に言えば、距離をとりながらシャドーをしていても勝つことがあるということだ。これは他3団体と違う」

と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中