北朝鮮、弾道ミサイルを発射 日本の排他的経済水域内に

印刷

   北朝鮮は2017年5月29日5時40分頃、同国東部の元山(ウォンサン)付近から日本海方向に弾道ミサイル1発を発射した。

   菅義偉官房長官は29日朝の記者会見で「発射された弾道ミサイルは、約400キロメートル飛翔し、新潟県佐渡島から約500キロメートル、島根県隠岐諸島から約300キロメートルの日本海上に落下したものと推定されます」と説明した。ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられ、付近を通過する航空機や船舶の被害は確認されていないという。

   ミサイル発射を受け、日本政府は同日朝、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開いた。

   安倍晋三首相はこれに先立ち、首相官邸で記者団に「国際社会の度重なる警告を無視して挑発を続けていることは断じて許すことはできません。北朝鮮を抑止するため、米国とともに具体的な行動を取っていきます」と述べた。

   北朝鮮は5月14日、21日にも弾道ミサイルを発射している。EEZ内に落下したのは3月6日以来、今回で4度目。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中