2019年 10月 22日 (火)

済州はなぜ浦和にキレたのか 韓国も「恥ずべき暴動」と報道

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

浦和・ペトロヴィッチ監督「しこりが残ることは好きではありません」

   一方、1日付サッカーメディア「ゲキサカ」によると、槙野は森脇の決勝点でガッツポーズし、済州サイドの怒りを買ったとの見方もあるようだが、「そりゃガッツポーズするでしょう。みんなでガッツポーズしたから、それが気にさわったんじゃないですか」と槙野。済州でなく浦和サポーターに向かって喜びを表現したのだという。

   浦和のミハイロ・ペトロヴィッチ監督は試合後の会見で「済州の選手は若い選手が多く、悔しさの中で感情的になることは十分に理解できます。この試合が終わった後で、しこりが残ることは好きではありません。今後、フレンドリーマッチでもやることで良い関係を築いていければと思っています」との考えを示している。

   一連の混乱について日本のスポーツ紙やサッカーメディアは一斉に報道し、見出しに「最悪な後味」「地獄絵図」「驚愕の蛮行」などの言葉が並んだ。さらには韓国メディアの京郷新聞も「恥ずべき暴動」と報じている。1日付NHK記事によると、主催のAFCは、映像などから乱闘に至った経緯を確認し、関係者の処分を検討するという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中