2021年 5月 8日 (土)

マツコ「テレビ業界の闇を見た」 ギャラはネズミ以下の再現ドラマ女優に驚愕

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

衣装、小道具も自前

   芳野さんが今住んでいるのは、築35年、家賃5万1000円の1K。インターホンは壊れていて鳴らず、ガムテープで留めてある始末だ。

   主食はバナナで、たまにあたりめを食べる程度。食費にはお金をかけないという。

   部屋に散らかったゴミ袋の山が目立つため、スタッフに「部屋が汚い?」と問われた芳野さんは、「違います、これゴミじゃないんです。全部洋服なんです」と説明する。

   再現女優は、衣装や小道具などはすべて自前。そのため、いろんな設定のドラマに対応できるよう、洋服や靴、カツラ、小物、雑貨が部屋中に溢れているのだ。

   芳野さんによれば、1日で40パターン用意しなくてはいけない現場もあるらしく、マツコさんは「それであのギャラなの? 今日はテレビの闇にメスを入れてるわよ」と、驚きっぱなしだった。

   ちなみに、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)と、「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)は、衣装を用意してくれるらしく、特に金スマは、普通のドラマのように撮ってくれるので再現女優の中では「出演したい」番組なのだそうだ。

   放送直後から、ツイッターでは「#マツコの知らない世界」がトレンドワード入り。

「ギャラ安すぎる」
「再現ドラマってバライティーになくてはならないものになってるから、もっと大切にしてあげてほしい」
「涙なしでは見られない内容」
「再現VTRの世界がいかにブラックか、ということがわかった」
「ものすごい『やりがい搾取』の世界だな」

と、驚きの声が続いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中