2019年 12月 14日 (土)

シャープ、「値踏みツイート」で謝罪 ミニスーファミ収録ソフトに「0円」評価

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   シャープの公式ツイッターアカウントが、任天堂の復刻版ゲーム機「ミニスーパーファミコン」について、一部の収録ソフトの価値を「0円」と評するツイートを投稿し、インターネット上で批判が相次いでいる。

   問題の投稿を寄せたのは、「シャープ製品」(@SHARP_ProductS)。同アカウントは「誤解を招いた」などとしてすでに該当の投稿を削除しているが、ネット上では今も「きちんと説明すべき」「謝罪しろ」などの批判が止まない状況だ。

  • 発売が決まった「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(ミニスーファミ)
    発売が決まった「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(ミニスーファミ)
  • 問題視されたツイートのアーカイブ(画像はarchive.isより)
    問題視されたツイートのアーカイブ(画像はarchive.isより)

「私の思い出を価値に換算していくと...」

   「シャープ製品」アカウントは2017年6月27日朝、「ミニスーファミ」発売を伝える任天堂公式ツイッターの投稿にリプライ(返信)する形で、

「面白そうだけど... 冷静に、私の思い出(略)を価値に換算していくと...」

とコメント。この投稿には、ミニスーファミ本体に収録されるゲーム作品21タイトルの「価値」を値段付けした表が添付されていた。

   「シャープ製品」が制作したこの表では、収録作品のうち「ロックマンX」や「聖剣伝説2」など8タイトルを「0円」の価値しかないと評している。その他の作品についても、その価値は数百円程度としており、全21タイトルの合計額は4600円。なお、「ミニスーファミ」のメーカー希望小売価格は7980円(税別)だ。

   ちなみに、収録作品の中で最も高い値段が付いていたのは、ゲームファンの間で「幻の作品」と言われる未発売タイトル「スターフォックス2」で1000円だった。

   このように、企業の公式アカウントが他社の製品を「値段付け」したことに対し、ツイッターやネット掲示板では、

「個人がやってても引くのに、企業アカウントが他社製品を文字通り『値踏み』するのは何考えてんだとは思う」
「自社の製品が同じようにツイートされた場合とか考えないんだろうか?頭悪すぎない?」
「自社の家電が0円の価値しか無いって言われても納得するのだろうか」

といった批判が殺到。そのほか、こうしたツイートを任天堂に返信する形で送ったことに対し、「どういう精神状態だったら企業垢(垢=アカウントのこと)から企業垢にリプライで喧嘩売れるんや」などと呆れるようなコメントも目立った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中