2019年 9月 23日 (月)

バニラ・エアで車いす客のトラブル 乗降のあり方巡ってネットで論議に

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   格安航空会社(LCC)のバニラ・エアを利用した車いすの男性(44)が、搭乗機に階段で乗降するタラップで不当な取り扱いを受けたとブログなどで訴えた。その内容などを巡って、ネット上で論議になっている。

   男性は、自らのホームページ上でトラブルのてん末を書いている。それによると、2017年6月3日に鹿児島県の奄美大島へ旅行に行くため、同行者5人と一緒にバニラ・エアの機内に関西空港で乗り込んだ。

  • バニラ・エアのホームページ上「ご利用ガイド」
    バニラ・エアのホームページ上「ご利用ガイド」

車いすごと担ぐのを制止され、階段を這って上る

   チェックインカウンターでは、下半身不随のため歩けないと伝えると、一度は搭乗を拒否されたが、同行者が手伝うと説明して搭乗できたという。奄美空港に着くと、同行者が預けた車いすを取りに行き、タラップではうち3人に車いすごと担いでもらって降りた。

   帰る日の5日は、奄美空港のカウンターに行くと、行きに車いすごと担いでもらって降りたのは社内規則違反だったと説明された。男性は、再び同行者が手伝うことを伝えてようやく搭乗できることになった。

   しかし、男性は、空港で借りた車いすごと同行者に担いでもらおうとしてタラップ前で制止された。仕方なく、階段を這って上り始め、それも制止されたものの、男性は、同行者に足首を持ってもらって、なんとか上り切った。その途中では、客室乗務員が手伝おうと駆け下りてきたという。

   こうしたバニラ・エアの対応ぶりについて、男性は、人権侵害ではないかとブログで訴えた。歩けないからと搭乗を拒否しようとするのは、障害者差別解消法に違反するとも指摘しており、鹿児島県の障害福祉課などに相談したことを明らかにした。

   バニラ・エアのホームページ上では、「ご利用ガイド」として、車いす利用者は、5営業日前までに予約センターに連絡するよう求めている。奄美空港については、車いす利用者が同行者の手伝いを受けるなどしてタラップを上り降りできるか事前確認が必要だとしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中