2019年 10月 18日 (金)

東京新聞の質問「しつこいと感じるか」 菅官房長官の反応は...?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   加計(かけ)学園をめぐる問題で追及が続く菅義偉官房長官の会見で、菅氏が思わずニヤリとする一幕があった。東京新聞記者の「追及を『かなりしつこい』と感じるか」という質問に対してだ。

   加計問題をめぐっては、東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者の質問数が群を抜いて多く、週刊誌では同記者の「質問力」を称賛する記事も相次いでいる。

  • 質問に思わず「ニヤリ」とする菅義偉官房長官
    質問に思わず「ニヤリ」とする菅義偉官房長官
  • 東京新聞・望月記者(手前)を指名する菅義偉官房長官(奥)
    東京新聞・望月記者(手前)を指名する菅義偉官房長官(奥)

反政府集会では「拍手が鳴りやまない」

   平日は1日2回行われる官房長官会見は、通常は10~15分程度で終わるが、望月記者が出席する会見は40分近く続く。あいまいな返答で切り抜けようとする菅官房長官に対して、望月記者が同様の質問を繰り返して追及するためだ。

   こういった点を週刊誌が注目。

「菅官房長官を動揺させた はぐらかし突破の質問力」(AERA、6月26日号)
「菅官房長官を狼狽させた東京新聞女性記者の『聞く力』」(週刊ポスト、6月30日号)

   などと題した特集記事が掲載された。望月記者は、6月22日に参院議員会館で開かれた集会「安倍辞めろ!森友・加計の幕引きは許さない」にも出席。その様子を「週刊女性」7月11日号が

「MCからひと言求められ、拍手が鳴りやまない。逃げることができなくなった」

などと伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中