声優バンドの「危険なライブ」 一部観客が「肘打ち暴力」「タオル強奪」

印刷

   アニメやゲームなどに展開するメディアミックス作品「BanG Dream!」(バンドリ!)の出演声優が結成したガールズバンド「Roselia(ロゼリア)」。その初ワンマンライブに参加した男性ファンの一人が、公演中に「別の客から何度も暴力を振るわれた」とツイッターで訴え、ネット上で驚きが広がっている。

   このファンの訴えによれば、彼は暴力沙汰について会場スタッフに報告したが、誰も「まともに取り合ってくれなかった」という。こうした被害報告を受け、バンドリを企画した「ブシロード」(東京都中野区)の木谷(きだに)高明社長は「不快な思いをさせて申し訳なく思います」とツイッターで謝罪した。

  • ロゼリア初ワンマンライブで客同士のトラブル(画像は「バンドリ!」公式ツイッターより)
    ロゼリア初ワンマンライブで客同士のトラブル(画像は「バンドリ!」公式ツイッターより)

「ファンやめます」

   ロゼリアの初ワンマンライブは2017年6月30日、東京・渋谷のライブハウスで開催された。会場はオールスタンディングで、多くのファンが人気声優によるバンド演奏を堪能した。

   だが、そんなロゼリアのライブ中、会場の前方では「場所取り」をめぐるファン同士のトラブルが起きていた。それを告発したのは、バンドリ!の熱心なファンで同シリーズのイベントには何度も参加しているという20代男性だ。

   この男性は「Roseliaのファンやめます」と題したツイッターアカウントを開設し、自らがライブ中に受けた「暴力行為」の詳細について報告している。男性は「大きな怪我は負いませんでしたが、もうライブ楽しむどころではなかったです」と投稿し、

「腕を掴まれたり肘で顔を押してきたり無理やり(会場前方の)ポジションから追い出されました。(略)ライブ中にタオルは奪われるし、服はヨレヨレだし、一体何の為にライブ行ったのかなってなるくらいには楽しめないライブでした」

と説明。続けて、ライブ終了後にこうしたトラブルが起きたことを会場スタッフに報告したが、「何も対応がなかった」とも訴えた。

   J-CASTニュースは7月3日、ツイッターを通じてこの男性に話を聞いた。まず、会場で起きたトラブルの詳細について聞くと、次のように説明した。

   まず、男性が暴力を振るわれたのは、会場ほぼ中央の前から3列目ほどの場所。開演前から無理に前方へ割り込んで来る集団がおり、男性は公演中にそのうちの一人に足を引っ掛けられたり、どつかれたりした。また、別の男性からは腕や肘を何度も顔にぶつけられた。「大怪我をしてもおかしくない状況」だったという。

スタッフ側からは「謝罪」なし

   男性はスタッフの対応についても「お粗末」だったと指摘する。ライブの終了後、公演中に危険な行為が起きたことを複数のスタッフに直訴したが、スタッフ側からは一切謝罪がなかったというのだ。

   また、男性は今後の再発防止のため、監視スタッフの増員などを提案したと言うが、そうした訴えもまともに取り合って貰えなかったという。男性は「(スタッフ達は)明らかに聞く気がない様な態度だった」とも感じたそうだ。

   実際、この男性の他にも今回のライブ会場で起きたトラブルについて報告する人はネット上に出ており、ツイッター上には、

「確かに最前列中央付近でゴタゴタがあった」
「小柄な方や女性の方は助けてなかったら大怪我もありえました(略)肘で後頭部殴り続けてどけて進むとかさすがに(略)アウトやから」
「カードとRoseliaピックのスリ被害と過度な圧縮とヒジ打ちのラッシュにあった」

といった書き込みが見つかる。また、暴力行為をしながら会場前方へ移動した人物は計3人いたが、うち1人は開演前にスタッフに退場させられた、との情報もあった。

   結果として、「Roseliaのファンやめます」とのアカウントで被害を訴えた男性は、今回の騒動を受けて、

「私はRoseliaが大好きですが、そのライブでここまで辛く腹立たしい思いをするとは夢にも思っていませんでした。すごく残念ではありますが、これ以上私がRoseliaのライブに参加することはないでしょう」

とファンをやめることをツイッター上で宣言していた。

ブシロード木谷社長「改善の指示をしたいと思います」

   こうしたファンの訴えに反応したのが、バンドリ!という作品を企画したブシロードの木谷社長だ。木谷氏は7月1日に更新したツイッターで、

「不快な思いをさせて申し訳なく思います。私が米国に来ているため不在のライブでしたが、現地にいた現場の人間に事情を確認の上、改善の指示をしたいと思います」

と男性に謝罪している。

   今回、ロゼリア初ライブでのトラブルを告発した男性は取材の終わり、今後主催者側に望む対応について次のように語った。

「二度とこのような危険なライブというものをして欲しくない、被害に遭われる方を出して欲しくない。それは主催者側だけでは解決できないかもしれません。参加者の協力が必要かもしれません。 私はこのライブで辛い思いをしました。私と同じように楽しみに行ったはずなのにライブで悲しい思いをする人が今後一切現れないようにして欲しい。それが私の望むことです」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中