2022年 12月 7日 (水)

松ちゃん「BPOから逃れたい」 ...「水曜日のダウンタウン」で本音ポロリ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ダウンタウンの松本人志さんが2017年7月26日放送のTBS系バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」の中で、「BPOから逃れたい」と本音をこぼす場面があった。

   同番組をめぐっては16年3月、水戸市がBPO(放送倫理・番組向上機構)に意見書を提出。結果的に審議入りは見送られたものの、松本さんなりに意識しているようだ。

  • 松本人志さん(2016年11月撮影)
    松本人志さん(2016年11月撮影)
  • 松本人志さん(2016年11月撮影)

松本さん、やや強引に「本当は優しい企画」

   26日の番組では「親切でおぶってあげたババアからのチョークスリーパー不可避説」を検証する企画が放送された。

   ターゲットは、偽の人助け企画で呼び出されたお笑い芸人たち。彼らがそのロケ中に足を痛めたおばあさんに遭遇し、親切におんぶしたところで後ろからチョークスリーパー(絞め技の一種)をお見舞いされる...という流れだ。結果、マテンロウのアントニーさん、ジャングルポケットの斉藤慎二さん、オードリーの春日俊彰さんが次々と餌食になり、「不可避」であることが確認された。

   スタジオは終始爆笑だったが、VTR後、松本さんは開口一番に

「これは本当は優しい企画やと僕は思いましたけどね。自分を殺そうとしているババアを落とさないように頑張る若者...っていうね」

とコメント。不可避説をプレゼンした「銀シャリ」の2人もこの視点は持ち合わせていなかったようで、「社会派な感じの?」「奥深いんですね」と驚いた表情をみせた。

   だが、松本さんのやや無理やりな「社会派アピール」にはワケがあった。直後、松本さんは

「なんとかこれを言うことで、BPOから逃れたいなって」

と付け加え、笑いを誘った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中