2020年 7月 9日 (木)

東山動植物園から逃亡して7か月 ニシキヘビが生き続けた意外な場所

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「脱皮するときに水に浸かる習性がある」

「自然動物館には、暖房を入れており、館内にいたのだと思います。館外では、寒いので生きていけなかったはずです。ニシキヘビは、冬には代謝が落ちますので、館内でじっとしていたのでしょう。空調設備の排気管などに入り込むなどしていたので、これまで見つけることができなかったのかもしれません」

   館内には、ゴキブリも含めた昆虫がおり、ヤモリなどもすき間から入ってくることがあるので、こうしたエサを食べていたのではないかと言う。

   ヘビが飼育スペースに戻った理由については、こうみる。

「脱皮するときに水に浸かる習性があり、そのためにプラスチックケースに入った可能性があります。また、暑くなってきたので、涼を取ろうとしたことも考えられます。館内は、空調があるとはいえ、外気の影響は受けてしまいますから」

   戻ったヘビは、健康状態に問題はないが、展示する予定はないという。もともと国内で保護されたため飼育していたといい、展示用のニシキヘビは別にいるとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中