蓮舫氏に新たな疑惑 「攻めと受け」発言にネットで憶測

印刷

   民進党の蓮舫代表が2017年7月27日に記者会見し、「党の代表を退く決断をしました」と辞意を表明した。

   今後の民進党の動向が注視されるなか、蓮舫氏が会見の中で発したある言葉に、一部の層が大きな関心を示している。

  • 民進党の代表辞任を表明した蓮舫氏(2017年7月27日撮影)
    民進党の代表辞任を表明した蓮舫氏(2017年7月27日撮影)

「受けの部分に力を十分に出せませんでした」

   蓮舫氏は会見の中で、「攻めの部分はしっかりと行政監視をしてきました」と自身の取り組みを振り返った一方で、

「攻めと受け、この受けの部分に力を十分に出せませんでした」

と反省の意を伝えた。

   会見はおよそ1時間に及んだが、ネット上の一部では、この「攻めと受け」の一言が大きな注目を集めることとなった。一般的に「攻め」の対義語は「守り」とされるため、「受け」という表現には違和感があったようだ。「攻め」の対義語からその人の趣味嗜好を類推する人からは、

「つーか『攻めと守り』なのでは‥『攻めと受け』っていうとどうしてもこう、何か別の(自粛)」

というツイートも投稿された。

   なかでも一番大きな反応を示した層は、「攻めと受け」の表現を用いることが多い腐女子たちのようだ。ツイッター上では

「蓮舫辞任、攻めと受けってBLかよw」
「そんな堂々と腐女子発言されても...」
「蓮舫さん腐女子だった?????」

といった憶測が次々と飛び交った。カップリングをする際に「攻めと受け」の設定は欠かせず、腐女子の間では「攻めと受け」は重要なキーワードとなる。

   ところが、こうした考え方に「攻め受けというと反射的にBLという人はちょっと...」と困惑する声も。

「攻めと受けって普通に将棋で使うワードなんだけど」
「囲碁なら攻めと受け」
「『攻め』と『受け』と聞いて、真っ先にプロレス思い浮かべたんだよなあ」
「柔道では攻め手と受け手と云うから、別に間違いじゃないんだよなあ」
「空手では『攻め受け』って言ってたよ」
「攻めと受けって麻雀用語だよね」

など、腐女子以外にも「攻めと受け」の表現を一般的に使用する人たちからの異論も相次いだ。

国会議員だから、受け答えの「受け」?

   このように「攻めと受け」は腐女子のみが使用する言葉ではなく、国会議員という立場から見ても「受け」という表現はあながち間違いではない、とする意見もある。

「国会では『攻めの追及』の逆は『守り』ではなく『受け答え』だから『攻めと受け』という表現になっただけでは...」
「質問指摘することは『攻め』だし、質問指摘されることを受け答えの『受け』でも別に普通やん」

   また今回の蓮舫氏の発言の場合、会見で「しっかりとした受け皿になる」とも述べているので、「受け」の表現は「受け皿」からきているのかもしれない。

   ちなみに蓮舫氏、息子から将棋を挑まれたというツイートを過去にしていることから、将棋の嗜みはあるようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中