日本人大リーガー、期限ギリギリでトレード相次ぐ

印刷

   2017年7月31日(日本時間8月1日)、米大リーグ、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)がロサンゼルス・ドジャースへ、ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手(35)がトロント・ブルージェイズへ、それぞれトレードで移籍することが所属球団から発表された。

   各紙報道によると、ダルビッシュ投手はマイナーリーグの3選手との、また青木選手はリリアーノ投手らとのトレードとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中