2018年 10月 15日 (月)

速水もこみち、魚にローズマリーを次々突き刺す これで親へのおもてなし料理?

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   俳優の速水もこみちさん(32)が魚にローズマリーを突き刺す瞬間を捉えた映像がテレビに流れ、ツイッターなどネット上で「衝撃映像」と話題になっている。

   もこみちさんは2017年8月8日、いつものように情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)の料理コーナー「MOCO'Sキッチン」で「もこみち流 イサキとハーブのオーブン焼き」を調理した。

  • 速水さんの料理にネット騒然(画像は、「ZIP!」の放送から)
    速水さんの料理にネット騒然(画像は、「ZIP!」の放送から)

「魚自体にも香りが入っていきます」と説明

   「今度私の両親が我が家に来ます。お魚料理で華やかさもあるおもてなし料理を教えてください」。もこみちさんは8月8日の放送で、30代後半から寄せられたこんなリクエストに「イサキとハーブのオーブン焼き」で応えた。

   作り方は至ってシンプル。オリーブオイルで切ったジャガイモやニンジンをフライパンで焼く間に、下処理を済ませたイサキに塩・こしょうを振りかけ、オリーブオイル、白ワインを全体になじませる。続いてローズマリーを飾り付ける...のだが、ここで、もこみちさんが一工夫を加えた。

   イサキに金串などで穴を開けて、そこにローズマリーを数本突き刺したのだ。

「これで魚自体にも香りが入っていきますね」
 「見た目も面白いので、驚かれるのではないかと思います」

   もこみちさんは笑顔で突き刺しながら、そう説明したが、「ZIP!」のスタジオで見ていた出演者から一斉に「えー!」と驚きの声が上がった。

「ちょっと依頼と違う気がするけど」との声も

   ツイッターやネット掲示板などでも、

「今日のもこみちの料理、衝撃映像だったわ。魚にローズマリー植えてたけどいいのあれ!?」
 「今日のもこみち、おもむろに魚に草刺しはじめてこわかった」
 「いや~それにしても今日のモコズキッチンには度肝を抜かれたぜ まさかの魚本体にハーブをぶっ刺すとは...完全食欲失せるやつや」

などと驚きの声が殺到し、

「今日のもこみちさん、魚にハーブぶっ刺して地獄の料理みたいなの錬成してた...これおもてなし料理として出されたら親泣かない?」
 「華やかでさわやかな魚料理にローズマリーぶっ刺したまま両親に出すの?考えらんない。ちょっと依頼と違う気がするけどモコズキッチン」

と、投稿内容に即していないと指摘する声も寄せられた。

   もこみちさんはその後、フライパンにホワイトマッシュルーム、セージ(ハーブの一種)などを投入し、その中身を耐熱容器に移した。そこにローズマリーの突き刺さったイサキを乗せて、190度に予熱したオーブンで約30分焼き上げる。

   「夏らしくさわやかなハーブの香りが楽しめるオーブンレシピ。盛り付けも面白いので、そこも楽しめると思います」。さわやかな笑顔で、そう呼びかけていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...