2018年 8月 20日 (月)

日航機墜落事故から32年 三十三回忌

印刷

   乗員乗客520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故は2017年8月12日で発生から32年を迎えた。遺族や関係者が墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に慰霊登山し、犠牲者を悼んだ。18時からは、尾根のふもとにある「慰霊の園」で追悼慰霊式が行われる。また、墜落時刻の18時56分に黙とうがささげられる予定だ。

   今年は三十三回忌に当たり、先だって7月21日、事故直後に遺体が安置されていた群馬県藤岡市にある「光徳寺」で「三十三回忌法要」が営まれた。

   日本航空123便は、1985年8月12日18時56分、東京(羽田)から大阪(伊丹)へ向かう途中、群馬県多野郡上野村の高天原山に墜落した。乗員乗客524名のうち、520人が死亡、生存者は4名だった。単独機の事故では航空史上最悪の死者数。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中