2019年 10月 18日 (金)

「牛乳石鹸」広告が炎上、「もう買わない」の声 「意味不明」「ただただ不快」批判殺到

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

過去のポスターにも批判が「飛び火」

   さらに、今回のWEBムービーの炎上に伴って、過去に制作された牛乳石鹸の広告ポスターにも批判が「飛び火」している。

   ポスターは、ビジネスパーソン風の格好をした女性のモノクロ写真が大きくデザインされたもの。女性はオフィスの一角とみられる場所に立っており、ニッコリとした笑顔を浮かべている。

   女性の顔の左隣には、赤字で「今日も若手社員を泣かせてしまって。自責の念でいっぱいです」とある。さらにポスター下部には、牛乳石鹸の商品写真と共に、

「さ、洗い流そ」

と、WEBムービーと同じ広告コピーが大書されている。

   公式サイトのアーカイブなどによれば、このポスターは2013年頃に制作されたようだ。4年近くも前のポスターだが、先述のWEBムービーに注目が集まったことを受け、改めて批判の目が向けられることになった。

   ネット上では、ポスターの内容が「パワハラ・社内いじめを肯定しているようにも受け取れる」などとして、

「パワハラ擁護か」
「若手社員を泣かせて洗い流そうってどういうこと」
「嫌なことやつらいことがあって洗い流したいのは後輩の方だと思う」

といった指摘が相次いでいる。

   WEBムービーとポスターという2つの広告の内容が物議を醸したことにより、牛乳石鹸という商品にマイナスイメージを抱いたユーザーも少なくないようで、ツイッターなどには、

「牛乳石鹸は買わないわ。刷り込まれました」
「今まで牛乳石鹸使っていたけれど、もう買わないな...」

などと「不買」を宣言する書き込みも出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中