オスプレイが大分空港に緊急着陸 飛行中に警告表示

印刷

   米軍の普天間飛行場所属のオスプレイが、2017年8月29日、大分空港(大分県国東市)に緊急着陸した。けが人はいないという。小野寺五典防衛相は8月30日、計器に異常を知らせる表示があったため「予防で着陸」したと米国側から連絡があったことを明らかにした。米国側は30日中に機体を沖縄に戻したい意向を伝えてきているといい、

「しっかりと安全を確保した上で飛行してほしい」

と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中