2018年 11月 15日 (木)

犬猫と自分の「万が一」に備えている? 犬の貯金は30万円、猫の貯金は16万円

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   家族同然の犬や猫が病気になったり、飼い主自身にトラブルが起こったりした時はどうしたらよいか。ペットと自分の「万が一」にどんな対策をしているか、インターネット調査のマクロミルが2017年8月29日にアンケート調査結果を発表した。

   ペットの備えのトップは「かかりつけ動物病院」をつくること、飼い主の備えのトップは「親族に面倒を託す」だった。

  • ペットのためにも元気でいないと
    ペットのためにも元気でいないと

「自分がいなくなった場合の対策」70%がしている

   マクロミルの発表資料によると、調査はインターネットを通じ全国1000人の飼い主を対象に8月3、4日に行なわれた。ペットの「万が一」の備えとして行なっていること(複数回答)の最多は「かかりつけ動物病院をつくる」(82%)で、次に「貯金」(29%)、「迷子札の装着」(24%)、「ペット保険の加入」(22%)と続く。なお、別の迷子対策である「マイクロチップの装着」も12%いた。

   「貯金」「保険」をしている人にかけている金額を聞くと、「貯金」の平均は、犬が29万5102円、猫が16万2164円。「保険」の月額支払額の平均は、犬が3169円、猫が2747円だった。「貯金」「保険」ともに、犬は30代と60代の飼い主が、猫は20代の飼い主が多くお金をかけていることがわかった。

   ペットのために備えをしていても、飼い主自身に「万が一」が起こったら一大事だ。その対策をしているか聞くと、「備えをしている」人が70%もいた。その中で一番多いのが「面倒を親族に相談」(28%)だ。次に多いのが「貯金」(25%)、「面倒を友人等に相談」(7%)など。最近増えているといわれる「遺言書の用意」「老犬・老猫ホームへの入所」「ペット信託」は、いずれも2~3%以下だった。やはり、よく知っている人に世話を託す人が多いようだ。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中