ドアに牛丼が挟まり列車が遅延? 帰宅ラッシュの京浜東北線で何が起きたか...

印刷

   JR横浜駅の京浜東北線のホームで、電車のドアに牛丼が挟まり、遅れが生じた――。ツイッターでこんな投稿が拡散され、「珍事件w」「フェイクニュースなのでは?」と話題を呼んでいる。

   はたして、これは本当の話なのか。JR東日本の横浜支社が、J-CASTニュース編集部の取材に応じ、事の詳細を明かした。

  • 牛丼がドアに挟まった?(写真は、イメージ)
    牛丼がドアに挟まった?(写真は、イメージ)
  • 「ドアに牛丼が挟まった影響」(画像は、ツイートのスクリーンショット)
    「ドアに牛丼が挟まった影響」(画像は、ツイートのスクリーンショット)

「18時12分ごろ、挟まりが確認されています」

「【根岸線 大船方面 遅延情報】根岸線は、横浜駅でドアに牛丼が挟まった影響で、横浜~大船の下り線の一部列車に最大5分程度の遅れがでています」

   首都圏の鉄道情報などを毎日のように発信しているツイッターのアカウントが2017年9月6日18時30分ごろ、横浜駅での遅延をそう報告した。

   ツイートは9月7日昼時点で、「リツイート」6800超、「いいね」3000超を記録している。「ドアに牛丼が挟まった影響」と書かれているからで、「牛丼...だと...!?」「珍事件w」「どうしたら牛丼が挟まるんだ」などと驚き、「フェイクニュースなのでは?」と疑問視する声が寄せられている。

   同アカウントは19時ごろにも、「【京浜東北線 大宮方面 遅延情報】」と題し、「横浜駅でのドアに挟まった吉野家の牛丼の救出作業などの影響で、東京以北の大宮方面行の一部列車に最大10分程度の遅れがでています」と報告。「吉野家の牛丼の救出作業?」「吉野家の牛丼は草」とのリプライが寄せられた。

   はたして、一連のツイートが拡散した内容は事実なのか。J-CASTニュース編集部は2017年9月7日、JR東日本・横浜支社に聞いてみた。

   広報担当者によると、横浜駅では6日18時すぎ、確かに約7分の遅延が発生していた。

「18時12分ごろ、挟まりが確認されています。中身はお弁当だったと把握しています」

   ただ、担当者は「これ以上は、把握していません」と言う。牛丼なのか否かを聞いても、「把握していません」と答えた。約7分の遅延時間については、安全確認に時間を要したとし、「ラッシュの時間帯なので、お客様の荷物が挟まるのはよく起こることです」と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中