2019年 11月 22日 (金)

カップヌードル「謎肉」の正体がついに明らかに いつから入っていたのか、日清食品に聞いた

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日清食品は、カップヌードルに入っているサイコロ状の肉「謎肉」が、大豆や肉、野菜エキスなどからできていることを「カップヌードル46歳」誕生日の2017年9月18日に発表した。

   この「謎肉」は一体いつから入っていたのだろうか。J-CASTニュースが同社に聞いた。

  • 茶色と白色のサイコロ状のものが「謎肉」(画像は日清食品HD提供)
    茶色と白色のサイコロ状のものが「謎肉」(画像は日清食品HD提供)

「近未来ハイブリッドミート」

   カップヌードルは、日清食品の創業者である安藤百福の開発で1971年9月18日に発売。72年2月19日の「あさま山荘事件」で機動隊員が食べていたことから知名度が高まったとされる。

   肉の部分については、日清食品では発売当初から「ダイスミンチ」という名前を使ってきた。「謎肉」というのは2005年ごろからネット上の一部のユーザーにより使われ始めた。

   その「謎肉」の正体を日清食品は公式ホームページで、「カップヌードル 46年目の告白」と題して明らかにした。

   「謎肉」とは、

「肉と大豆由来の原料に、野菜などを混ぜて味付けしたミンチ」

のことで、動物資源と植物資源を合わせた「近未来ハイブリッドミート」だとしている。豚肉をベースにした茶色いものと鶏肉をベースにした白いものの2種類が存在するという。

   これまで「誕生日」の9月18日にはカップヌードルに関する企画を行う年もあり、2015年には5万7155個のカップヌードルでピラミッドを作ったことで、ギネス世界記録を樹立した。今回の発表も、その一環だ。

   「謎肉」の正体を日清食品が明かしたことについて、ネット上では

「46年目の真実に涙」
「謎肉ずっとイモだと思ってた」

などの反応があったほか、「謎肉の謎が解けた今、謎肉は謎じゃない肉になった」といった声も見られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中