「安室ちゃんを利用するな」 ユッキーナの「泣き動画」が大炎上

印刷

   安室奈美恵さん(40)の引退宣言が、SNSにも大きな波紋を広げている。

   芸能界にも熱狂的なファンが多い彼女。ハリセンボンの近藤春菜さんや、お笑い芸人のイモトアヤコさんが有名だが、タレントの木下優樹菜さんもその1人だ。ただ、木下さんが安室さんの引退を知り公開した「泣き動画」が、今「炎上」する事態になっている。

  • 木下優樹菜さんが公開した動画(写真はインスタグラムより)
    木下優樹菜さんが公開した動画(写真はインスタグラムより)
  • 安室さんへの感謝をこめて、木下さんが作ったPV(写真はインスタグラムより)
    安室さんへの感謝をこめて、木下さんが作ったPV(写真はインスタグラムより)

「この世の終わりです。生きていけない」

   2017年9月20日の19時直前、安室奈美恵さんが18年9月をもって引退することが急きょ発表された。

   その数時間後、木下さんは「絶望 奈美恵様引退」というタイトルの動画を自身のインスタグラムにアップした。内容は、安室さんの曲を聴きながら、ひたすら泣きじゃくる15秒の自撮り動画と、娘に慰めてもらっている1枚の写真だ。

   木下さんは、まず同じ安室さんのファンに対し、「奈美恵様のファンの皆さんありがとうございます 同じきもちです」と述べ、さらに動画を撮った経緯を説明した。

「わたしは食器を洗いながら 奈美恵様を聴いてたの 夏休みの準備しながら いろんなことおもってきて 涙が兎に角とまらなくって 言葉にならず、友達たちに 送ったやつ」

   この説明によると、もともと動画は、限られた友人に送ったもので、それを改めてインスタにアップしたようだ。

   木下さんは、SNS等で9月21日から一家で夏休みをとることを公言しており、夏休み直前の「安室さん引退報道」のショックは大きかったことが伺える。

   動画が公開されると、

「この世の終わりです。生きていけない」
「同じ気持ち。泣ける...てか泣いてる」
「真っ先にユッキーナのこと思ったよ!あんなに安室ちゃん大好きなこと知ってたから」
「優樹菜ちゃんが引退の事聞いたらどんなに悲しむだろうと思って心配してたけどやっぱりこうなるよね...」

など、共感や同情する声が多数集まった。

   しかし、21日、朝の情報番組でこの動画が放送され、多くの人の目に触れられるようになると、風向きが変わり始める。目立ちはじめたのが、なぜこんな動画をあげたのか、という批判の声だ。

「こんな時でも自分が1番なんですね...」

「悲しいのはわかるけど。泣いてる姿自撮りしてわざわざ載せなくても...」
「泣くのはわかるけど、よく動画撮って加工する余裕あったね」
「泣き動画upする意味がわからないwww」
「自分のインスタ閲覧数伸ばす為に安室ちゃん利用しないで」
「なにこれwwwわざわざ自分が泣いてる動画あげる神経...www」
「こんな時でも自分が1番なんですね...アピールにしか感じられません」

など、「便乗しているのではないか」「アピールしたいだけでは?」という趣旨のものがコメント欄を埋め尽くすようになった。

   さらには、フォロワー同士で、「気分悪いのはこっちの方です」「こうやって叩かれてる時だけ叩くあなたの方が見苦しい」など、舌戦も激しさを増すようになった。

   中には、

「みんなが心配してるからUpしたんじゃ?」
「安室さんファンの人と気持ちを分かち合いたくて撮ったんじゃない? 言葉だけじゃ伝わらないと思ったんだよ、きっと。あまりの衝撃でこんなに泣いたんだって知ってほしかったんだと思うよ」

といった、冷静な見方をする発言もあるが、まだ鎮静化にはいたっていない。

   この投稿は、公開から14時間で、「いいね!」が24万件近く、コメントも3000件に近づいている。(21日11時現在)

自作の安室ちゃんPVも公開

   木下さんは、「絶望」動画から約5時間後の20日深夜、再びインスタに動画をアップした。

   内容は、「安室ちゃん ありがとう!」というタイトルの、自作の安室PVだ。

   「ただただありがとう!!! あなたの幸せを祈りまくって願ってるから!!!」と、安室さんにメッセージを送っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中